相続した不動産に沢山の荷物がある状態で売却できるのか?

「相続した不動産を売却したいのに、荷物がたくさん残っている」ことはよくあります。基本的に、不動産売却をして不動産を他の誰かの手に渡すのであれば、中に置いてある荷物はすべて撤去する必要があります。
しかし、処分と言ってもそう簡単にできないのが事実。荷物がたくさん残っている不動産を売却するためにはどうしたら良いのでしょうか。その方法を紹介していきます。

よくある悩み


不動産を相続してよくあるのが「不動産を相続したものの、荷物がたくさん残されていて困っている」という悩み。不動産を売却したいのであれば、中にある荷物はすべて整理する必要があります。

しかし、荷物整理をするにしても、思い入れがありすぎて処分できず、結局整理どころではなく終わってしまったり、あまりにも荷物が多すぎて時間がかかってしまったりするケースも少なくはありません。また、整理ができたところで、処分するのにも時間がかかってしまうため、即日で終わらせることはまずできません。

解決策


相続をした不動産の荷物整理には、かなりの時間と労力がかかります。時間と手間をかけずにこの「残された荷物」の悩みを解消する方法は2つあります。

「不動産業者へ買取の依頼をする」ことと、「リサイクル業者に依頼をする」ことの2点です。それぞれ詳しく説明していきます。

不動産会社に買取依頼をする

時間と労力をかけずに残された荷物を処分したいのであれば、不動産会社に相続した不動産の買取を依頼しましょう。不動産買取とは、不動産会社を介して買い手を見つけて不動産を売却する方法とは異なり、不動産会社自身に不動産を購入してもらう契約形態です。

荷物の処分はしてもらえますが、同時に不動産を手放すことになります。そのため、必ず事前に他の相続人の方々とよく話し合って不動産会社に買取してもらっても良いかを決める必要があります。

買取メリット:早く手っ取り早く処理できる

不動産買取は、不動産売却と違い売却活動が必要ありません。不動産売却の場合、買い手となりうる方を発掘するための広告活動から始まり、その後も売却活動もしなくてはいけないため、ある程度時間がかかってしまいます。それに対し、不動産買取であれば、不動産会社に査定をしてもらった額で納得がいけば買取の手続きを始められるため、不動産売却に比べてかなり早く売買契約を結べます。

不動産買取の契約を結べたタイミングで不動産を手放すこととなりますが、それと同時に中に残してある荷物も不動産会社のものとなるため、荷物の処分に関して一切関与をすることなく処分してもらうことができます。

必要なものや残してきたいものは事前に手元に残しておかなければ処分されてしまうため、引き渡しの前に必要なものだけは持ち帰ることを忘れないようにしてください。

 

買取デメリット:少し割高

不動産の中に残っている荷物の多くは通常のゴミとして処理できないものばかりでしょう。洋服、アルバム、雑貨のようなものであれば処分にそこまで困難を要しませんが、家電、家具、時には仏壇ともなると、処分するのにも費用がかかったり、人件費が多くかかってしまったりします。そのため、処分費用が少し割高になります

不動産買取は不動産売却に比べて低い価格で買取されてしまいます。低い価格で買い取られる額からさらに処分費として費用が差し引かれるため、通常の不動産売却と同じ価格で手放せると思っていると、契約成立後に「こんなはずではなかった」と後悔することになってしまいます。処分費が割高で取られることを念頭に置き、提示された売却価格で本当に納得して良いかどうかをしっかりと相続人みんなで話し合ってから買取契約を結ぶようにしましょう。

リサイクル会社に依頼する

自身の時間と労力を抑えて相続した不動産の荷物を処分したいが、不動産を手放したくはないのであれば、リサイクル会社への依頼をすることをオススメします。リサイクル会社であれば不動産を買取してもらう必要もなく、純粋に荷物の整理だけを依頼することができます。家に出向いてもらってリサイクルしてもらうか、自身でいるものいらないものの振り分けをしたのちにリサイクル会社に配送するかを選ぶようにしましょう。

リサイクル会社メリット:安い

自身で相続した不動産を片付け、不要なもののみをリサイクル会社に配送する方法だと、かなり安く荷物の処分をすることができます。いるものといらないものを振り分けたり、片付けたりする必要があり、リサイクル業者には配送したものを引き取ってもらうだけですので、費用が抑えられるのが特徴であり、メリットです。

リサイクル会社と合わせて買取業者を探してみると、リサイクルショップでは有料で引き取ってくれていたものが無料で引き取ってもらえたり、中には買取をしてくれる業者も見つけられます。高額での買取はなかなかできないかもしれませんが、「少しでもお金にしたい」と思う場合は、不用品買取業者を探してみてもいいかもしれませんね。

リサイクル会社デメリット:手間がかかる

不動産会社に買取をしてもらう場合、必要なものだけを手元に残せさえすれば、あとはすべてお任せすることができます。しかし、リサイクル会社や不用品買取業者に依頼する場合、自身でいるものといらないものの分別をする必要があります。そのため、処分する手間は省けるものの、その前のステップに関しては手間がかかってしまうのがデメリットです。あとから「実は必要だったものがあった」と困ることはありませんが、家にあるものはすべて自分自身で分別するため、相続人を集めて時間をかけて進めていくことになるでしょう。

また、リサイクル業者への配送も自分でするとなると、「梱包材はどうしたら良いのか」、「うまく梱包するにはどうしたら良いのか」、「どう運べば良いのか」など、悩みは尽きません。

まとめ

・相続した家の不用品は売却時までに綺麗にしなければいけない

・不用品を撤去する方法は、不動産買取業者に頼むか、自身でリサイクル業者に頼むかの二通り

・それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、自身に適した方法を選択する

相続した不動産に残されている荷物の処分方法については、自分で処分する方法の他に、不動産業者に不動産ごと買い取りしてもらう方法や、リサイクル業者に依頼して不要なものを処分してもらう方法があります。しかし、どの方法にもメリットはもちろん、デメリットがあります。

どの方法を用いて荷物を処分するかどうかは、他の相続人の方々とよく話し合いをし、一番適切な方法で行うようにしましょう。

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。


→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート