マンション売却にかかる期間は?スケジュールを把握して好条件の売却を目指す!

マンションの売却を考えるからには、「事情」や「都合」があるはずです。しかし、マンションをはじめとする不動産は、基本的に「いつ」売れるかわかりません。平均的には4~6ヶ月ほどと言われていますが、確実にこの期間内で売却するには、売却スケジュール早く売るためのコツを把握しておく必要があります。

本記事では、マンションの売却スケジュールとともに、それぞれのステップでかかる平均的な期間を解説します。

マンション売却にかかる期間は?

マンションの売却には、4ヶ月~半年ほどの期間かかるのが一般的です。もちろんこれは平均的な期間であって、早ければ2ヶ月ほどで売却できることもありますし、逆に、遅ければ1年、2年……と売れないことも考えられます。

早く売るためのコツは「適正価格」を見定めること

マンションを早く売るためには、「価格の妥当性」がなにより重要です。当然ながら、マンションは「この価格なら買いたい」という買主が現れなければ売れません。とはいっても、安すぎる価格にしてしまっては、売主の利益が損なわれてしまいますよね。だからこそ、価格の妥当性が必要なのです。

「この金額なら購入を検討したい」と考える購入検討者をいかに早期に募れるかが、早期売却のカギを握ります。

事情があるときは「買取」という選択肢も

たとえば、買い替えや資金難などにより「1ヶ月以内に資金化したい」というときには、いつ現れるともわからない買主を募っている時間はありません。

こういった状況では、「買取」によってマンションを売るのも一つの選択肢です。

買取とは、不動産会社に「仲介」してもらうのではなく、不動産会社に直接買い取ってもらうという売却方法です。不動産を買い取るのは、再販買取業者。以下の記事で、買取でマンションを売る方法を解説しておりますのでご参照ください。

ポイント

・マンション売却にかかる期間は4~6ヶ月が平均
・早期売却のためには“妥当”な価格で売り出すことが大切
・早く売らなければならない事情がある場合には「買取」も検討する


マンション売却の流れをスケジュールに沿って解説

さてここからは、マンション売却のスケジュールに沿って、各ステップの詳細を解説します。

1.査定

マンション売却のためのファーストステップは、「査定」です。査定自体は1~2週間もあれば終わりますが、査定から不動産会社を決定するまでの間で時間を要することもあります。

この工程を効率良く行うためには、一括査定の活用を検討しましょう。

査定の種類

査定とは、あなたのマンションがいくらくらいで売れるのか不動産会社にジャッジしてもらうことです。不動産会社による査定は、「机上査定」「訪問査定」に分かれます。

また、不動産会社を通さないAI(人工知能)による査定や、複数社に一括で査定依頼できる一括査定サイトを活用するのも一つの方法です。

複数社への査定依頼が重要な理由

一括査定とは、査定の方法というよりは、不動産会社に査定を依頼するための方法の一つです。マンションの査定で重要なのは、複数の不動産会社に依頼すること。その理由は、往々にして、各社による査定額には差があるからです。

そもそも査定額は、その金額で売れると保証された金額ではなく、各社が概ね3ヶ月で売れるだろうと推測する価格にすぎません。マンションは、売りに出してみなければいくらで売れるか、いつ売れるかわからないため、より好条件で売るためには、売却前にマンションの適正価格を知る必要があります。

適正価格を知るためには、1社のみの査定額を鵜呑みにしてはいけません。各社の査定額とともに「どうしてその査定額になったのか」という根拠を聞き、ご自身で適正価格を見定めなければならないのです。

あなたのマンションの適正価格を知るためには、最低でも4社ほどの不動産会社に査定依頼することをおすすめします。また、査定してもらう工程では、不動産会社の「質」を見極めることも大切です。マンションの査定が済めば、次は不動産会社との契約に進みます。査定依頼を通し、売却をお願いするに値する不動産会社かどうかも見極めましょう。

マンションナビで無料診断はこちら

2.媒介契約締結

査定してもらう過程で、「この不動産会社に任せたい!」と思った会社と媒介契約を締結します。

媒介契約には、次の3つの種類があります。

1.一般媒介契約
2.専任媒介契約
3.専属専任媒介契約

3つの媒介契約の特徴を把握した上で、適切なものを選択するようにしましょう。
マンションを売ろうと思ってから媒介契約まで2~3週間ほどで終えられると、スムーズに売却が進むでしょう。

3.売却活動

媒介契約締結後は、すみやかに売却活動が開始されます。

不動産会社は、売却活動として以下のような施策を行います。
・レインズへの登録
・不動産ポータルサイトへの登録
・新聞折込チラシや投げ込みチラシ
・既存顧客への紹介

4.内覧対応

あなたのマンションに興味を持った購入検討者は、「内覧」を申し込みます。売主が居住中であれば、内覧者を迎え入れるための準備をしなければなりません。

成約に至るまでの内覧の数や期間は状況によって異なりますが、長ければ半年以上、多ければ10件、20件……の内覧をこなさなければならないこともあります。

5.購入申込~価格交渉

内覧で購入を決めた方から、「購入申込書」や「買付証明書」といった書類が提出されます。これらの書類は、契約を決めるためのものではなく、購入希望者が売主との交渉権を得るための書類と認識しておきましょう。

申込書には、購入希望者の希望価格が記載されます。この金額は、売り出している価格とは限りません。ここから、売主と買主とで価格の交渉が始まります。
売却活動開始から購入申込までは、3ヶ月を目指しましょう。3ヶ月は、媒介契約の契約期限でもあります。

6.売買契約

価格交渉に折り合いが付けば、はれて売買契約の運びとなります。

マンションの売却では、多くの場合、契約日と物件を引き渡す日が異なります。

7.決済・ローン返済・引渡し

決済日には、売買契約で受領した手付金を除いた残代金の決済が行われます。マンションの住宅ローンが残っている場合には、残代金をもって完済します。

金銭のやり取りが終われば、原則的に当日にマンションの所有権が買主に移行します。
売買契約から決済・引渡しまでの期間は、約1ヶ月が一般的です。この間に、買主は住宅ローンの本審査を通します。買主の事情によっては2~3ヶ月と期間が空いてしまうこともありますので、あらかじめ引き渡し時期についても売主と買主間で協議しておきましょう。

マンションを住み替えるときのスケジュール

マンションを売って、新居を購入する住み替えでは、スケジュール調整が難航するものです。

基本的には、今のお住まいの売却を先行させる、あるいは新居の購入を先行させて住み替えるのが一般的です。ただし、売却と購入の決済日の日取りを合わせることで、スムーズに新居に転居できます。

売却を優先させる場合

住み替えで今のお住まいの売却を優先させる最大のメリットは、新居の資金計画が立てやすいことです。
ただし、デメリットとして、新居購入のタイミングによっては、一時的に賃貸住宅に住まなくてはならない手間と費用がかかることが挙げられます。
仮住まい費用まで余裕がない場合は、荷物を貸し倉庫に預け、一時的に実家などにお世話になるという回避方法もあります。

購入を優先させる場合

新居の購入を先行するメリットは、ゆっくりと新居を選ぶことができ、一時的に賃貸に住む必要がないことです。

一方でデメリットは、売却のタイミングによっては住宅ローンが二重にかかること、そして新居の資金計画が立てづらいことです。もし、今のお住まいが予想以上に安い価格でしか売却できなくなってしまえば、資金計画が狂ってしまうことにもなりかねません。
購入を先行させる住み替えは、ある程度、資金面に余裕がある場合に限ったほうが賢明でしょう。

売却・購入の決済日を合わせる場合

今のお住まいの売却と新居の購入の契約日が合わなかったとしても、スケジュールの調整次第で引渡し・決済日を同日にすることは可能です。

2つの契約を同日決済とすることで、仮住まいが不要で、住宅ローンが重複する期間も不要となります。
ポイント

・売却先行の住み替えでは、仮住まい期間が必要になることも
・購入先行では、住宅ローンが重複する期間が生じることも
・売却・購入の決済日を合わせることで仮住まい期間や住宅ローンが重複する期間がなく住み替え可能


まとめ

マンション売却のスケジュール
まとめ

・マンション売却にかかる期間は4~6ヶ月が平均
・早期売却を目指すなら適正価格の見極めがなにより重要
・早く売らなければならない都合があるときは「買取」も検討する
・マンションの住み替えではスケジュール調整がとくに難しい
・住み替え時の売却・購入の決済日を同日とすることで、仮住まい期間や住宅ローンが重複する期間なしに住み替え可能


事前にマンション売却のスケジュールや流れを把握しておくことで、心に余裕を持てます。また、状況に応じて売却方針を変更することもしやすくなるでしょう。結果として、より好条件で売却することが可能になるはずです。

あなたのマンションをスケジュール通りに売却するためには、適正価格での売り出しが重要です。適正価格を知るためには、必ず複数社に査定依頼するようにしてください。査定依頼の手間を省くには、マンションナビが便利です。マンションナビでは「AI査定」も可能ですので、まだ売却の検討段階にある方もどうぞご活用ください。

マンションナビで無料診断はこちら

監修者情報:亀梨 奈美

■氏名:亀梨 奈美 ■保有資格:住宅ローンアドバイザー ■プロフィール 大手不動産会社退社後、不動産ライターとして独立。不動産会社在籍時代は、都心部の支店を中心に契約書や各書面のチェック、監査業務に従事。プライベートでも複数の不動産売買歴あり。不動産業界に携わって10年以上の経験を活かし、「わかりにくい不動産のことを初心者にもわかりやすく」をモットーに各メディアにて不動産記事を多数執筆。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート