マンション売却の6つのステップ!

「マンションを売ろう」と思ってから実際に売却するにあたり、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか。また、ローンがある場合とない場合で流れが変わることはあるのでしょうか。マンションを売却する際の流れや、どれほどの期間をかけるものなのかについて解説していきます。

マンション売却の流れとは

マンション売却の流れとは マンションを売却しようと思ったとき、どのような流れに沿って手続きを進めていけば良いのでしょうか。「マンションを売ろう」と思った際から実際に売却が完了するまで、大きく6つのステップに沿って進めていきます。6つのステップとは、以下です。

マンション売却の流れ


  1. 事前準備・情報収集
  2. 査定
  3. 媒介契約の締結
  4. 売却活動
  5. 引き渡し
  6. 確定申告



それぞれどのような手続きや作業が必要なのか、またどれほどの期間がかかるのかについて解説していきます。

1. 事前準備・情報収集

「マンションを売却しよう」と思い立ったら、はじめにやらなくてはいけないのが「準備準備・情報収集」です。マンションの売却の情報収集で調べるべきことはいくつかあります。中でも自力で自宅がどれくらいで売却できそうなのか相場を算出したり、次に行う査定で必要になる書類を集めたり、どこの不動産会社に査定してもらうかを選定したりしておくことが、そのあとの流れをよりスムーズに進めていくためにも重要です。

2. 査定

査定は、マンションがどれほどの価格で売却できそうかを予想した金額を算出してくれるサービスです。およそ3ヶ月から6ヶ月で売却できそうな価格を提示してもらうことができます。マンション売却において最も重要とも言える不動産会社選びを大きく左右します。

不動産会社によって査定価格が違ったり、売却活動のサービス内容が異なったりします。そのため一社だけでなく、複数の不動産会社にて査定を受けることをおすすめします。いくつかの査定価格を見比べて、どこの不動産会社が良いか決めましょう。

最近では、一回フォームを入力するだけで複数の不動産会社に対して査定依頼を出せるサービスや、オンラインで査定ができるようなサービスもあります。生活環境によって使い分けてみても良いでしょう。


3. 媒介契約

どこの不動産会社で売却活動をするのかを決めたら、次は「媒介契約」というどのような売却活動を行うのかについての契約を締結していきましょう。媒介契約には「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。それぞれがどのようなものなのかは以下です。

媒介契約の種類



一般媒介契約
・複数の不動産会社にて売却活動が行える
・自分で買主になりそうな人を探せる

専任媒介契約
・一社の不動産会社でのみ売却活動が行える
・自分で買主になりそうな人を探せる

専属専任媒介契約
・一社の不動産会社でのみ売却活動が行える



それぞれメリットやデメリットがあります。状況に応じてどの契約形態で媒介契約を締結するのか決めることをおすすめします。


4. 売却活動

「売却活動」では、不動産会社が主体となってマンションの新しい買主となる人を探します。3ヶ月から6ヶ月の期間で売れることを理想的とされており、その間であれば大幅な値下げ交渉に応じる必要はないでしょう。チラシを作成したり、広告を打ったり、方法は様々です。どのような売却活動をしてくれるかは不動産会社によって異なります。不動産会社選びはひとつ前のステップの査定の段階で十分に吟味した上で決定するようにしましょう。

売主自身ですることと言えば内覧の対応です。家に住んでいる状態で内覧をする場合には、スケジュールを合わせたり、清掃をしたりする必要があります。家をどのように魅せるかで購入決定率は異なります。自身では気にならなくても、初めて家に来る人には気になるなんてことも。ハウスクリーニングの業者に清掃を頼むのもひとつの手でしょう。


5. 決済&引き渡し

売買契約が結べたからと言って、売却は終わりません。決済や引き渡しの前に法的手続きがあります。不動産会社の人に相談をしながら進めていくことをおすすめします。とくに、名義変更は誰がそのマンションを所有しているかを決定する重要な手続きです。漏れのないようしっかりと進めていきましょう。

6. 確定申告

マンションを売却すると、利益が発生します。利益が出ると所得を得たことになるため、確定申告にて支払いが生じます。マンションを売却した際に支払わなくてはいけない税金のことを譲渡所得税といいます。譲渡所得税の実態としては所得税と住民税です。譲渡所得税は譲渡所得にかかります。譲渡所得とは売却利益からマンションを購入した際の取得費を差し引いた際に残った利益のことを指します。譲渡所得税の計算方法は以下です。

譲渡所得税=譲渡所得×税率
税率はどれほどマンションを所有していたのかに応じて異なります。所有期間が5年以下であれば短所譲渡所得となり、5年を超えていれば長期譲渡所得となります。税率は以下です。

譲渡所得税の税率



短期譲渡所得
譲渡所得×39.63%(所得税30%+復興特別所得税0.63%+住民税9%)
長期譲渡所得
譲渡所得×20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)




  • マンションを売ろうと思った時は、事前準備・情報収集、査定、媒介契約の締結、売却活動、引き渡し、確定申告の6つのステップが必要となる。
  • それぞれで気を付けるポイントがあるため、注意が必要。
  • マンションを売却する経験はほとんどの方が初めての経験になるため、信頼できる不動産会社を見つけることが重要である。
  • そのためにも一括査定を利用することをお勧めしたい。

ローンが残っている場合は?

住宅ローンが残っている場合とそうでない場合で売却の流れに若干の違いが生じることがあります。マンション買い替えであれば、先に新居を購入する買い先行と、先にマンションを売却してから新しい住居を探す売り先行のふたつの方法があります。どちらを選択するのかによっても流れは異なります。


  • ローンが残っているか否かで売却の流れが変わるため、注意が必要。

マンション売却の流れまとめ

マンション売却の流れまとめ
ここにタイトルを入力


  1. マンションを売ろうと思った時は、事前準備・情報収集、査定、媒介契約の締結、売却活動、引き渡し、確定申告の6つのステップが必要となる。
  2. それぞれで気を付けるポイントがあるため、注意が必要。
  3. マンションを売却する経験はほとんどの方が初めての経験になるため、信頼できる不動産会社を見つけることが重要である。
  4. そのためにも一括査定を利用することをお勧めしたい。
  5. ローンが残っているか否かで売却の流れが変わるため、注意が必要。



マンションを売却する際には、大きく6つのステップに沿って進めていく必要があります。マンションを売却しようと決心してからまずするべきことは情報収集、査定、媒介契約の締結です。どこの不動産会社に依頼するのかによって売却価格が大幅に異なる場合があるので、十分注意して決定するようにしましょう。また、住宅ローンが残っているマンションを売却する際にはまた少し違う手順が必要になることもあります。不安があるようであれば不動産会社に相談するようにしましょう。

信頼できる不動産会社を見つけるためにも、一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート