不動産業界にも口コミ時代が到来!?

口コミが当たり前の時代に

飲食店のお店を探す時、ホテルの予約をする時、ネットで物を買うとき、病院を探す時・・・口コミを見ない方の方が少ないのではないでしょうか?世の中にある商品、サービス、店舗において、口コミはなくてはならないものになりつつあります。

不動産業界においては、取引の回数が少ないせいか、口コミというものがまだ浸透していないような感じを受けていますが、実際のところ、そうではないかもしれません。

Googleの口コミがじわり、じわり

みなさんは、Googleのマイビジネスは登録されていますか?

地図と言えば、Google Mapを使っているという方も多いかと思いますが、店舗でビジネスをされている方にとって、Googleのマイビジネス登録は非常に重要な位置づけとなってきています。

登録などの詳細は割愛しますが、「エリア+サービス」などの検索をGoogleで行った場合に、通常のGoogle検索や場合によっては、リスティングなどの広告よりも上位に、Google Mapの検索結果が表示されることが増えてきました。Google Mapへの対策については、ここ最近始まったことではなく、10年ほど前からこのような動きは出ていたかと思います。

飲食店などでは、対策の動きが特に早かったですが、ここ最近のスマホ普及率を考えると、「店舗」を構えてビジネスをされている方にとって、対岸の話ではなくなってきていると感じます。

ライバル企業のGoogle口コミはどうなっているのか?

あなたがビジネスを展開している「市区町村」や「駅名」と「不動産」などでGoogle検索をしてみましょう。もっと細かく見たい場合には、Google検索ではなく、Google Map上で、上記のような検索をしてみると、網羅的にライバルの状況が見えてくるはずです。

ここで、注目してほしいのは、Google Mapに登録があるかどうかではなく、「★の評価」と「投稿の件数」です。

私たちが、このコンテンツを提供するにあたって、まずは、東京都の「山手線」のすべての駅の近くにある、不動産会社を調査しました。駅ごとに、4~5社程度サンプリングした結果、139社該当し、投稿されていた声の数の合計は、2,037件でした!

ただし、驚きだったのは、1社で、「416」件の口コミを集めている企業があったことです。手を打っている企業は、とっくに手を打っていることがよく分かります。

中には、「知らない人から、低評価を受けた。納得いかない。」というような企業もあるようですが、一旦は事実として受け止め、このGoogle口コミを今後どのようにしていくかを検討された方が良いかもしれません。

Googleだけ対策すればいいの?

これを見るとGoogleだけ対策をすればいいと思う方もいるかもしれませんが、結論、そんなことはありません。Googleはあくまで、ツールの一つです。

例えば、SUUMOに物件掲載されている会社様であれば、「カスタマーサーベイ」というものがあります。これは、SUUMO内の会社、店舗評価の機能で、こちらを毎回欠かさずにしっかりと取得している企業様の場合、1,000件近くも獲得している場合もあります。

SUUMOというポータルサイトを利用していく以上、単に掲載をし続けるのではなく、いかにして、他社との差別化を図るのかを考えなくてはなりません。物件写真のキレイさなのか、店舗情報の充実なのか、スタッフ紹介の写真なのか・・・。その内の一つに、「カスタマーサーベイの数」というのがあるのだと考えます。

言うまでもなく、SUUMOもあくまでツールの一つです。一番やらなくてはいけないことは、自社でしっかりアンケートを取得することだと思います。





自社で口コミに力を入れている不動産会社も登場

GoogleやSUUMOなど各種ツールの口コミに力を入れている会社もありますが、自社サイトで力を入れている会社も増えてきております。その中の一例をご紹介いたします。

東急リバブル株式会社が本気の口コミ公開

東急リバブルさんが、口コミを公開したサイトを運営しているのはご存じでしょうか?記憶が正しければ、この口コミコンテンツを広めるために、テレビCMでも紹介されていた気がします。

内容は見ていただければお分かりになりますが、評価が悪かったものも含めて公開。もちろん、評価の良い声の方が多いのですが、何を意味しているのかと言うと、「顧客満足度に自信がある」という点と、「他社がやっていない自社の強みの打ち出し」だと考えられます。

口コミ数が3,500件を超える株式会社藤和ハウス


西東京市に本社を構える株式会社藤和ハウスさんは、現在の口コミ数が3,500件を超えています。件数だけでもすごいのですが、お客様の写真、コメント量、担当者からの返信、会社からの返信・・・と徹底している点が、他社さんと比較した場合、群を抜いています。

私たちが今までお伺いしてきた不動産会社さんの中でも、圧倒的な質と量でした。

注目するべきは、賃貸業界?

不動産業界を賃貸と売買とあえて分けた場合に、先進的に取り組みを行うのは、賃貸業界だと感じています。売買と比較するとお客様1名あたりの売上が当然に低く、より多くのお客様の成約を出さなければいけないので、業務の効率化やITを活用した集客などに積極的にならざるを得ないのだと思います。

その賃貸業界で、盛り上がっている会社のサイトを見てみると、やはり、お客様の声をしっかりと掲載しているところが多いと感じます。

これは、一例ですが、アエラスグループさんのお客様の声は、現在30,000件を超えています

ぜひ、ご自身のエリアで盛り上がっている賃貸会社さんのサイトを見てみてください。

お客様の声は「作り込まない」が正解!?

東急リバブルさん、藤和ハウスさん、アエラスグループさんのコンテンツを見た時に確信したことがあります。それは、「更新の重要性」です。

売買、賃貸問わず、不動産会社様で、お客様の声を、作り込む会社さんがいらっしゃいます。サイトをリニューアルなどしたタイミングで、ご成約者様に取材に行き、写真を撮影し、記事化して、サイト内に「お客様の声」「ご成約者インタビュー」というようなコンテンツを公開。このコンテンツ自体は否定しませんが、コンテンツはやはり劣化します。公開した直後は良いですが、更新性がないので、ずっと、そのままになってしまうのです。

ところが、先ほどの会社様のように、常に取り続けた声を公開していくことによって、件数は増加し、常に鮮度を保つことができます。仮に自社サイトに100件の口コミがあったとして、一番最初に投稿された口コミが見られることはおそらくないでしょう。

それでも掲載をするのは、「ボリューム = 安心」につながるからだと思います。それに、自社のサイトにコンテンツが溜まるということは、SEOのことを考えても、多かれ少なかれ、有利に働きます。なぜなら、Googleは、サイトの更新性を重要視するからです。

いかがでしたか?

これからの時代、切っても切り離せないユーザーの声。これらを自社の武器にするのか、放置してしまうのかで、数年後の未来が変わると言っても過言ではありません。



初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート