マンション売買のお客様担当者がお悩みを解決!~中古マンションがなかなか売れないのはなぜ?~

中古マンションを売り出す方は、「なんだかんだで、売り出せばすぐ買い手が見つかるだろう」と考えているかもしれませんね。
ただ、実際そんなことはありません。
気づいたら半年、1年と売れない状況が続くこともあります。
では、中古マンションがなかなか売れない理由には、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

価格設定が適切でない

価格設定が適切でない場合、中古マンションはなかなか売れません。
つまり、条件が似たマンションの相場より売り出し価格が高い場合は、買い手に敬遠されやすいということです。

ただ、1度設定した中古マンションの売り出し価格は、そう簡単に変更できません。
なぜなら、価格が下がることによって、買い手に「何か問題がある物件なのでは?」と勘繰られてしまうからです。

したがって、中古マンションを売り出す前に相場を調べ、それを超えないような価格設定で売り出すことが、売買成立への第一歩だと言えます。

管理費、修繕積立金が高額

管理費や修繕積立金が高額であることも、買い手に敬遠される1つの理由です。
これらの費用は、マンションに住み続ける限り支払い続けるものであり、今後もずっと同じ金額であるとは限りません。

特に、築年数の古い中古マンションの場合、修繕積立金の不足などが理由で、今後値上げされる可能性は十分にあります。
売り手の方にはどうすることもできない難しい問題ですが、このような原因で売れない場合があることも、一応念頭には置いておきましょう。

ライバル物件が多い

売り出している中古マンションの売買条件は魅力的であるにもかかわらず、なかなか売れないということもあります。
この場合は、周辺エリアにライバル物件が多いことが考えられます。

つまり、似たような売買条件の中古マンションが多いことで、自身が売り出す物件の魅力が伝わっていないということですね。

需給バランスが悪い

中古マンションを売り出すエリアの需給バランスが悪い場合も、長期間売れないことがあります。
売り出されている物件数は多いにもかかわらず、それほど人気のエリアではない場合などですね。

この場合は、販売能力の高い不動産会社の担当者に依頼し、狭き門を突破できるような広告活動を行ってもらわなければいけません。

担当者が積極的でない

どれだけ魅力のある売買条件であっても、不動産会社の担当者に積極性がなければ、なかなか売れない状況になってしまいます。

したがって、あまりにも進捗が見られない場合は、担当者に売却活動の内容について質問してみましょう。

1度売り出しを中断すれば流れが変わる場合も

なかなか中古マンションが売れないという状況を打破したい場合は、思い切って1度売り出しを中断してみましょう。
売り出しのタイミングが悪いことで、売れる物件も売れない状況が続いているのであれば、それは非常にもったいないことです。

1度売り出しを中断すれば、ライバル物件が減ったり、売却するエリアにおける需要が増加したりする可能性もあります。

また、売り出し中のまま価格を下げるのはおすすめできませんが、1度中断し、しばらくして再び安い価格で売り出せば、値下げしたことはあまり目立ちません。

もっと言えば、1度中断した中古マンションが再び売り出されると、ポータルサイトにおいて“新着物件”扱いになるため、多くの買い手に閲覧してもらえる可能性もあります。

まとめ

中古マンションは、あらゆる原因で売り出し期間が長期化してしまいます。
また、いくつもの原因が重なり、何をやっても売れないという負のスパイラルに陥ってしまうケースも少なくありませんし、その状況から抜け出すのは決して簡単ではありません。

マンション売却で担当者探しにお困りの際には、マンションナビ をお勧めします。
実際に利用されたお客様のレビューを基にランキング形式で不動産会社を紹介したり、60秒で簡単に複数の不動産会社へ査定依頼ができるサービスを無料で提供しています。
マンションナビ を利用する事で、きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。

 

マンションナビで一括査定


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート