マンション売買のお客様担当者がお悩みを解決!~これから住宅ローンを利用する方へ~

マンションの購入に欠かせないものといえば、なんといっても“住宅ローン”ですよね。買主のほとんどは金融機関からの融資を受けて、初めて必要な購入資金を用意することができます。今回はこれから住宅ローンを利用する方によくある細かい疑問悩みを解決していきたいと思います。

審査結果が出るまでの期間は?

住宅ローンは金融機関が融資を行うものであるため、当然利用の際には審査を受けなければいけません。審査結果が出るまでの期間については、事前審査の場合、早くて申し込みから2~3日程度となっています。

また事前審査を通過した後、住宅ローンの利用者は本審査を受けることになりますが、これに関しては結果が出るまでに1週間程度かかることもあります。

派遣社員でも住宅ローンは利用できる?

これから住宅ローンを利用しようとする方の中には、正社員ではなく派遣社員として働く方もいると思います。そのような方は「派遣社員でも住宅ローンは利用できるの?」という疑問を抱くでしょう。

金融機関によって利用条件にはもちろん違いがありますが、派遣社員だからあるいは契約社員だからといった理由で、門前払いされてしまうというケースは基本的にありません安定収入がある方なら正社員の方と同じように住宅ローンを利用できるため、安心してください。

購入する物件によっては住宅ローンが使えないって本当?

買主の属性だけでなく、購入する物件によっても、住宅ローンが利用できないというケースはあります。代表的なものには、“再建築不可物件”が挙げられますね。再建築不可物件は建物の建て替えができないため担保評価が低く、基本的に金融機関における住宅ローンの対象にはなりません。

また購入する物件が“違法建築”であった場合も、担保に価値を見出すのは難しいため、金融機関は融資してくれない可能性が高いです。

土日でも住宅ローンは申し込める?

平日仕事で忙しいという方は、土日でも住宅ローンの申し込みができるのかどうか気になるでしょう。結論からいうと、銀行の場合はほとんど土日が休業日のため、申し込みできません。ただローンセンターの中には土日に営業しているところもあるため、希望の銀行であればぜひ利用しましょう。

ちなみに不動産会社等の中には、平日忙しい買主の代わりに、住宅ローンに関する銀行とのやり取りを代行してくれるところもあります。

ローンが返せなくなるとどうなる?

住宅ローンの返済が困難になると、ローン残債すべての一時返済が求められます。またその返済金を用意するために、購入したマンションは競売にかけられます

住宅ローンの契約証書には「1回でも返済を怠った場合、残債すべてを一時返済しなければいけない」という記載があるはずなので、利用の際はしっかり確認しておきましょう。

住宅ローン利用にかかる費用は?

住宅ローンの利用にかかる費用としては、印紙代や融資手数料、抵当権設定のための司法書士報酬などが挙げられます。また火災保険に関しても多くの金融機関で加入が義務付けられているため、その保険料も支払わなければいけません。

その他にも、以下の費用がかかるケースがあります。

  • フラット35物件検査手数料
  • 住宅ローン保証料
  • 抵当権設定登記費用(司法書士に依頼しない場合)
  • 団体信用生命保険料 など

まとめ

住宅ローンは、あらゆるステップを踏むことで、ようやく融資にたどり着けるものです。また融資開始後、返済終了後の細かいルールも多く存在するため、初めて利用する方にとっては決して単純明快なものではないといえます。要するに常に知識を得ようとする姿勢でなければ、住宅ローンの申し込みや商品選び、返済などにおいて失敗する可能性は高くなるということですね。

また、マンションの住み替えなどの際には以前居住していた物件のローンを返済してからでないと新居を購入することはできません。
そのため、現在居住している物件を売却し住み替えようとしている方は、マンションナビ で現在居住している物件を検索後、売却益シミュレーションを利用して住宅ローン利用にかかる費用などの残債を、物件売却価格から差し引いて手元に残る金額を把握することをオススメします。

マンションナビで一括査定


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート