不動産売却をする際にはどんな費用が必要になるのか?


これから不動産売却をしようと考えている皆さん。
不動産売却によって得られる利益ばかりで、頭がいっぱいになっていませんか?
不動産売却をするのであればそれだけでなく、売却にかかる費用についてもしっかり把握しておく必要があるでしょう。
ここからは、不動産売却時の費用面についての詳細を解説していきます。



不動産売却をする際に必要な費用~仲介手数料~



不動産売却をする際は、必ずと言っていいほど不動産会社の力を借りることになります。
そのため、不動産売買が成立した際には、不動産会社に仲介手数料を支払わなければいけません。



気になる金額ですが、仲介手数料は、基本的に売却される不動産の価格に比例して高くなります。
ただ、仲介手数料には上限が存在するため、それ以上高くなることはありません。
具体的には、以下のような金額になります。



売却される不動産の価格仲介手数料の上限
~200万円売却される不動産価格の5%
200~399万円売却される不動産価格の4%+20,000円
400万円~売却される不動産価格の3%+60,000円


不動産売却をする際に必要な費用~印紙税~



印紙税は、不動産売買の契約書に貼付する印紙を購入するために支払う費用であり、“税”という名前がついているものの、後々納付するわけではありません。



こちらも仲介手数料と同じく、売却される不動産の価格に比例して高くなりますが、2014年4月1日~2020年3月31日の間に売買契約が交わされた場合は、軽減税率が適用されるため、少し安くなります。



例えば、不動産を3,000万円で売却した際にかかる印紙税は、通常20,000円ですが、軽減税率が適用されれば、10,000円まで下がります。



不動産売却をする際に必要な費用~所得税~



所得税は、売却した不動産の価格が、取得時の価格よりも高かった場合に、課税されることがある税金です。
逆に、売却価格が取得時の価格を下回っている場合、この税金は課税されません。



不動産譲渡所得から所得税率を差し引くことで、どれくらいの所得税がかかるのかがわかります。



不動産売却をする際に必要な費用~ローン関連費用~



多くの方は、不動産購入時に住宅ローンを利用します。
また、不動産を売却する際は、売却によって得た利益から、ローンを繰り上げ返済することになりますが、その際には手数料がかかります。



金額は3,000~5,000円程度で、それほど大きな費用ではありませんが、売却時に繰り上げ返済をする方は覚えておきましょう。



不動産売却をする際に必要な費用~抵当権関連費用~



住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、借入先の金融機関から、不動産に抵当権を設定されていることが多いです。
不動産を売却する際は、買い手の手に渡る前に、この抵当権を抹消する必要があり、そのためには登録免許税や司法書士への手続き代行費用を支払わなければいけません。



不動産売却をする際に必要な費用~引っ越し費用~



不動産を売却する場合、多くの方はその後新居に移ることになるため、引っ越し費用がかかることも想定しておくべきです
具体的な金額はエリアによってまちまちですが、10万円前後を目安に考えておくと良いでしょう。



不動産売却をする際に必要な費用~土地境界確定測量費用~



売却する不動産の土地が隣家と地続きになっている場合、どこまでが自身の土地なのかを確定するために、測量を実施しなければいけません。
土地家屋調査士に依頼する場合の測量費の目安は、大体35~45万円前後です。



まとめ



ここまで、不動産売却をする際にかかる費用をできるだけ細かく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
これらの費用を頭に入れておかないと、不動産売却が終わった後に、「思いの外、手元にお金が残らなかった…」という状況に陥ってしまう可能性があるのです。
自身の不動産が高く売却できるということがわかっても、それだけで売却に踏み切るのは危険ですから、今回の内容についてしっかりと覚えておきましょう。




初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート