マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット

マンション売却をする方の多くは、大手不動産会社に依頼するか、地元の不動産会社に依頼するかで悩むことになります。
一般的に、“大手不動産会社=安心”というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は、そんな疑問を解決するために、マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリットについて解説します。

マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット~顧客数が多い~

大手不動産会社のメリットは、なんと言っても顧客数が多いことでしょう。
大手不動産会社は、全国各地に店舗を構えていることが多いため、地元の不動産会社に比べると、必然的に顧客数が増えやすくなります。

また、“不動産売買=大手”と考え、真っ先に大手に依頼する方が多いというのも、大手不動産会社がたくさんの顧客を獲得しやすい理由です。

顧客数が多いということは、それだけ買い手候補が現れやすいということになるため、売り手にとっては好都合と言えるでしょう。

マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット~顧客情報が多い~

大手不動産会社は、当然ながら顧客情報も多く擁しています。
これは、主要駅の最寄りに店舗網が張り巡らされているケースが多いためです。

顧客情報が多い分、売り手はより条件の良い買い手を探すことができ、なおかつ良い条件で売却しやすくなります。

言い換えれば、売り手が買い手を選べるほどの余裕が生まれやすく、「買い手が見つからない…」という状況に陥り、焦る心配はほとんどないということですね。

マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット~資金力がある~

大手不動産会社には圧倒的な資金力があり、これも大手不動産会社に売却を依頼する大きなメリットだと言えるでしょう。
資金が豊富であればあるほど、売却するマンションの広告宣伝に費用を費やしてもらえるためです。

紙媒体だけでなく、ネットやテレビ、ラジオなどさまざまな媒体でマンションを宣伝してもらえれば、当然多くの買い手の目に留まりやすくなり、売却がスムーズに進むことが期待できます。

また、資金力がある大手不動産会社は、自社の宣伝にも莫大な費用を費やせるため、知名度が高く、安心感があります。

マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット~担当者の対応レベルが高い~

大手不動産会社の多くは、全国各地に拠点を構えているだけあり、社員教育がしっかり行き届いています。
そのため、担当者の対応レベルは比較的高く、満足のいく売却活動を行ってくれるでしょう。

また、たとえ経験が浅い担当者であっても、経験豊富なベテランの社員がサポートしてくれるケースが多いのが、大手不動産会社の大きな魅力です。

マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリット~宅建士の資格を持っている社員が多い~

不動産会社には、事務所に専任の宅建士(宅地建物取引士)を5人に1人以上所属させなければいけないというルールがあります。
つまり、10人が所属する事務所であれば2人、15人であれば3人の宅建士を所属させなければいけないということですね。

地元の中小不動産会社の場合、宅建士の数が少なく、担当者が有資格者ではないというケースがよくありますが、大手不動産会社は、所属する社員のほとんどが宅建士の資格を持っています。
そのため、「この人に任せていいのだろうか…」という不安に苛まれることはほとんどありません。

まとめ

ここまで、マンション売却を大手不動産会社に依頼するメリットについて解説してきました。
“大手不動産会社=安心”というイメージが強いのは、大手不動産会社への売却依頼にこれだけのメリットがあるためです。
もっとも、大手へ依頼したからといって、100%マンション売却が成功するとは限りません。
ですが、どこに依頼するか悩んでいるのであれば、大手不動産会社を選択肢に入れない手はないでしょう。

大手不動産会社を中心に、中小規模の不動産会社も依頼する対象として検討したい場合は、60秒で最大6社へ一括査定できるマンションナビ をご利用下さい。
マンションナビ では、実際に利用されたお客様のレビューを基に不動産会社の規模に捉われず信頼性が高い不動産会社をご紹介しています。

 

マンションナビで一括査定


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート