不動産売買のお客様担当者が教えます!~住宅建築に関する用語~

「マイホームを買うなら、できるだけ自分好みのものが欲しい!」
そのような理由で、建売住宅よりも注文住宅を選ぶという方も多いでしょう。
注文住宅を購入する場合、買主が設計や工事の内容のほとんどを決定することになるため、建築に関する用語は多く知っておく必要があります。
ここでいくつか解説しましょう。

アプローチ

道路、あるいは門から玄関に至るまでの通路を“アプローチ”といいます。

アプローチ設計の計画をする際は、まずそれをどこにどうやって配置するのかを検討しましょう。
また、その際は駐車スペースや植栽、さらには建物の配置とあわせて計画する必要があります。

もっと言えば、各スペースを有効に使うために、道路・門から玄関まで直線で結ぶのではなく、曲線のある通路にするなど、さまざまな工夫をしてみましょう。
そうすれば、住宅のデザイン性もアップします。

サービスルーム

建築基準法上、“居室”として認められない部屋のことを“サービスルーム”といいます。
“納戸”とも呼ばれますね。

建築基準法では、人が長い時間過ごす部屋を居室と呼んでいて、これには採光、換気における最低条件が定められています。
具体的には以下のような条件です。

 採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以上
 換気に必要な開口部が床面積の1/20以上

サービスルームには、上記の採光、換気環境が備わっていません。
ただ、住宅内にサービスルームを設けることで、収納スペースとして、あるいは書斎や趣味の部屋として活用することができます。

ステップフロア

床の半階ずつずらし、少し高い位置に居室を設ける設計を“ステップフロア(スキップフロア)”といいます。
いわゆる“中二階”を造る設計ですね。

これは、戸建て物件において、居室の独立性を高めたり、動線を短縮したりする目的で設けられるものです。

また、法律上建物の高さを制限されている土地であっても、ステップフロアを設ければ有効面積を増やすことが可能です。

ちなみに、マンションにおけるステップフロアは、エレベーターの停止階を1~2階おきにして、通過する階には共用廊下を設けない設計を指します。
戸建て物件のそれとは意味が異なるため、混同しないようにしましょう。

デッドスペース

建物の中で、やむを得ず有効に活用できていない無駄な空間を“デッドスペース”といいます。
例えば、上階と下階をつなぐ階段下、家具や家電の隙間、ソファ下やベッドしたなどは、デッドスペースになりやすいといわれています。

ちなみに、階段下のデッドスペースにおける解消法としては、収納スペースとして活用するという方法が一般的です。
また、階段の形状によっては、トイレを配置するという方法もアリですね。

ユーティリティー

建築用語では、家事作業の設備が集中している部屋のことを“ユーティリティー”といいます。
具体的には、洗濯機や乾燥機、アイロンやミシンなどを置いて、主婦の家事室として利用したり、読書や家計簿をつけるのに利用したりする部屋ですね。

また、ユーティリティーを設置する際にもっとも考慮しなければいけないのは、なんといっても動線です。
例えば、料理をしながら洗濯もする方はキッチンと隣り合わせにしたり、洗濯物をベランダに干す方は、ベランダに直接つながる場所に洗濯機を置いたりするなど、家事のこなし方に応じて配置を検討すると良いでしょう。

まとめ

今回は、これから注文住宅を購入する方のために、さまざまな建築用語について解説してきました。
冒頭でも少し触れましたが、理想のマイホームを建築するためには、なるべく多くの用語を知り、いくつか選択肢を持っておくことが重要です。
間違っても、「自分で設計したのに、不便な家になってしまった…」というような状況にはならないようにしましょう。
不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!



初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート