不動産売買のお客様担当者が教えます!~木造・S造・RC造・SRC造とは?~

不動産情報を見ていると、さまざまな構造名を耳にする機会もあるかと思います。例えば、木造はなんとなく理解できても、その他の違いがよくわからない…という方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、代表的な建物の構造である木造・S造・RC造・SRC造について解説したいと思います。

木造について

木造はその名の通り木で作られている建物です。より具体的に言うと、土台や壁、柱などの“構造体”に木材が使用されている建物ですね。日本の住宅のおよそ半分は木造だと言われており、さまざまな構造の物件が普及した今でも、木造住宅に住んでいるという方は多いです。

木造のメリットとしては、他の構造に比べて建築コストが安いこと、そして間取りの自由度が高いことが挙げられます。木造は構造体さえしっかりしていれば、その他の部分は融通が利きやすいため、設計における制約が少ないのです。

ただ木を使用しているというだけあって、耐久性や耐震性、防火性はあまり高くありません。またシロアリを始めとする害虫被害にも遭いやすいです。

S造について

S造は構造体に鉄製や鋼鉄の部材を使用する建物です。ちなみに、Sは“Steel(鉄)”を表しており、“鉄骨造”とも呼ばれていますね。

S造には“軽量鉄骨造”、“重量鉄骨造”の2種類がありますが、いずれも後述するRC造より建築コストが安く、木材よりも強い強度を誇ります。耐力壁のない間取りの自由度が高い構造であるため、リフォームやリノベーションにも向いています

ただ、木造と同様、火災にはそれほど強くありません。鉄骨自体は不燃材料ですが、摂氏550℃程度で急激に強度を失うため、火災が長引くと倒壊する危険性もあります。また、錆びやすいというところも欠点の1つですね。

RC造について

RC造はコンクリートの芯に鋼鉄製の細い棒を使用し、強度を高めた建物です。一般的には、“鉄筋コンクリート造”と呼ばれることが多いですね。

コンクリートであるため燃えにくく、地震の揺れにも強いのが特徴で、木造やS造よりも耐用年数が長く、耐久性もあります。つまり耐火性、耐震性、耐久性のすべてが優れているということです。遮音・防音効果もあり、生活音が気になるという方にもピッタリの構造ですね。

ただ木造やS造よりも建築コストが高く、比重が重いコンクリートを使用しているため、解体コストも決して安くはありません。また気密性が高い分、湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいというデメリットもあります。

SRC造について

SRC造は、鉄筋コンクリートに鉄骨を内蔵させた構造の建物です。“鉄骨鉄筋コンクリート造”とも呼ばれます。

RC造よりもさらに強度が高いため、7~25階程度の高層建築に用いられることが多いですね。熱や錆に弱いというS造の欠点をコンクリートによってカバーし、なおかつ揺れに対する弱さを鉄筋、鉄骨で補っています。

ただ、SRC造の建築コストは決して安くありません。また2つの構造を組み合わせているため作業工程が多く、工期は長期化する傾向にあります。

さらに他の構造に比べて制約が多く、設計の自由度が低いため、思い通りの希望が通せない可能性もあります。

それぞれの構造を比較!

それぞれの構造を比較し、表にまとめておきました。ぜひ不動産購入の際の参考にしてください。

 耐震性耐火性耐久性遮音性建築コスト
木造
S
RC
SRC

まとめ

ここまで、各構造のメリットやデメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?これからマイホームを建てる方、もしくは不動産を購入するという方は、あらゆる面から各構造を比較し、自身にピッタリのものを選びましょう。もちろん、ファミリー世帯の場合は、家族の意見を一致させることも大切です。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート