マンション売買のお客様担当者がお悩みを解決!~転職したばかりでも住宅ローンは借りられる?~

マンションの購入と住宅ローンは、ほとんどの方がセットで考えますよね。
住宅ローンを利用するには、差し当たって審査をクリアしなければなりませんが、その審査には“転職”も大きく影響してきます。
果たして、最近転職したばかりの方は、住宅ローンを借りられるのでしょうか?
詳しく解説します。

なぜ転職が影響するのか?

そもそも、なぜ住宅ローンの審査に転職が影響するのでしょうか?
その理由は、1つの事業所で勤務している期間である“勤続年数”が長ければ長いほど、収入が安定していると判断されるからです。

つまり、転職したばかりだと勤続年数は短くなり、金融機関に「返済できなくなるリスクが高い」と思われてしまうわけですね。
金融機関はできるだけ安定して返済できそうな方に融資しようと考えますから、これは致し方ないことです。

転職したばかりでも住宅ローンは借りられるのか?

先ほど解説した内容を見る限り、転職したばかりの方は、住宅ローンを借りるのが難しそうに感じますよね。
ただ、実際は必ずしも利用できないというわけではありません。

転職の理由、あるいは転職後の状況によっては、むしろ審査をクリアしやすくなります。
以下のような転職は、住宅ローンの審査においてプラスになると考えて良いでしょう。

①引き抜きでの転職

引き抜きとは、他社から優秀な人材をスカウトし、転職させることをいいます。
たとえ転職したばかりであっても、理由がこの引き抜きである場合は、住宅ローンを借りられるでしょう。

転職したばかりの方が住宅ローンの申し込みをする場合、職務経歴書を提出しなければいけない場合がありますが、ここに引き抜きが理由であることを記載すれば、滞納リスクの低さをアピールできます。

②中小企業から上場企業への転職

中小企業から上場企業への転職も、住宅ローンの審査には大きく響かないことが予想されます。
なぜなら、それだけ優秀な人材であることがわかりますし、何しろ転職によって収入が上がると予想されるからです。

逆に、上記のような理由以外の転職はネガティブなイメージが強く、審査で落とされてしまう可能性も高くなるでしょう。
また、転職理由を質問されて回答できない場合も、同じようにネガティブに捉えられます。

転職する前に住宅ローンを借りるべき?

前述の通り、ポジティブな転職であれば、その直後であっても審査に大きな影響は及びません。ただ、「人間関係に疲れた」「収入が低かった」「仕事が合わなかった」というようなネガティブな理由で転職する方ももちろんいます。

では、そのような方々は、転職より先に住宅ローンを借りるべきなのでしょうか?結論からいうと、住宅ローンを借りた後にすぐ転職する予定なのであれば、先に借りても同じです。

もちろん、転職前に申し込みをした方が審査には通りやすくなるでしょう。しかし、融資を受けられたからといって、その後すぐに転職して良いという理由にはなりません。

転職後、一気に収入が下がってしまうかもしれませんし、場合によってはまたすぐに離職してしまうことも考えられます。
そうなってしまったとき、果たしてローンはきちんと返済していけるでしょうか?滞納してしまう可能性の方が高いですよね。

したがって、転職する前に住宅ローンを借りるのであれば、その後もしばらく同じ事業所で勤務することを想定しておきましょう。

まとめ

「転職したばかりで住宅ローンを借りるなんて、無理に決まっている…」
これまで、そう決めつけていた方も多いでしょう。
もちろん、一般的に転職が審査に悪影響を及ぼすことは事実ですが、すべての方がそれに当てはまるわけではありません。

住宅ローンに関する不安を解消してくれるような経験豊富な不動産会社や担当者を見つけるためには、一度に6社までコンタクトの取れるマンションナビの一括査定をお活用ください。
マンションナビはあなたにとって最適な提案ができる不動産会社、担当者と巡り会えるように応援します。

マンションナビで一括査定


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート