不動産売買の営業担当者が解説!➀FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

人生の計画を立てていくうえで、資金というのは欠かせない問題です。
人生における、経済的な計画をファイナンシャル・プランニングといいますが、そのためには幅広い知識が必要になります。
その知識を持ち、プロとしてのアドバイスをするのが、ファイナンシャルプランナーです。

FPの仕事は?

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事は、顧客の将来的な計画を立てることです。
その人の収支や資産状況、負債、家族構成などを把握したうえで、教育や住居、老後に至るまでの将来のライフプランに応じた資金計画を立てたり、アドバイスをしたりします。

保険会社などにいることを知っている方も多いと思いますが、それだけではなく銀行や証券会社、あるいは会計事務所や不動産会社など、様々な企業に勤務しています。
また、独立して自分の事務所を構えている場合もあります。

企業に勤務している場合は、主にその企業の顧客を対象としていて、取り扱っている商品に対してその商品がどれだけ将来的な計画を豊かにしてくれるか、またどのくらいの予算であれば大丈夫か、といったアドバイスをしてくれます。

また、企業に勤務している中には顧客が対象ではなく、従業員を対象として資産運用のアドバイスをしているケースもあります。
顧客と社員の、両方を対象としているケースもあるでしょう。

独立している場合は、プランニングをしたい人の相談に応じたり、あるいは会員という形で会費をもらったりしていることがあります。
コラムの執筆や、セミナーの特別講師として参加していることもあります。

しかし、そういった活動は一部だけで、多くのケースでは保険代理店として何らかの保険会社の保険を取り扱っています。
あるいは、ほかの資格を合わせて保有して、そちらの業務をメインにしていることもあります。

いずれの場合でも、職業倫理として顧客利益の優先や守秘義務の原則、説明義務、顧客の同意があるため、顧客は安心して相談することができます。
ただし、業務上の制約があり、例えば法律相談や税務相談についてはあくまでも一般論程度に収まるようにしなければ、弁護士法や税理士法に抵触してしまう恐れがあるため、アドバイスの範囲も限られたものになってしまうでしょう。

FPになるには?

FPとして認められるのは、国家資格である1級から3級のファイナンシャル・プランニング技能士のいずれかを有している場合です。
2002年から認定を開始していて、試験は1年に2回実施されています。

また、民間資格としてAFPやCFPというものもあるのですが、AFPの資格を取得するには2級FP技能検定に合格する必要があり、CFPの場合は資格試験やエントリー研修を修了したうえで認定されますが、認定者は1級FP技能検定試験の学科試験を免除されることになります。

受験するために一定の学科を修める必要などはないので、学校などに通う必要はありませんが、学ぶために専門学校に通ったり、あるいは通信講座を受講したりする人は多いでしょう。

現在、資産運用の重要性を感じている人が増えている中、ファイナンシャルプランナーの重要性も高くなっています。
今までも需要が高い職種でしたが、今後ますます必要とされることが増えていくでしょう。

まとめ

近頃、耳にすることは多いものの、どんな仕事かよくわからないという人が多いファイナンシャルプランナーですが、実際には不動産だけではなく保険や資産運用など、経済的な計画において全面的に関わるという仕事なのです。
経済に関しては、専門家でなければ計画を立てるのが難しいので、そういったときに相談すると役に立つでしょう。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート