不動産売買のお客様担当者が教えます!~環境と住宅に関する用語について~

良い環境と私たちの生活は、切っても切れない関係にあります。不動産市場では、エコを意識した住宅がたくさん販売されていますし、環境は街づくりにおいても必ず重視されます。ここからは、環境と住宅に関する用語をいくつか紹介したいと思いますので、気になる方はぜひご覧ください。

LCCM住宅

長寿命かつ一層のCO2削減を目指し、住宅の建築時や居住時、廃棄までの一生涯、CO2の収支をマイナスにする住宅を“LCCM住宅”といいます。わかりやすくいうと、とにかく二酸化炭素を出さないことを目的とした住宅ですね。

具体的には、高い断熱性を持たせたり、高効率の設備機器の採用などによってエネルギー利用を効率化させたりすることで、できる限りライクサイクルにおけるCO2排出量を減らします。地球規模の温暖化対策が課題とされる現代にとって、LCCM住宅はまさに良い環境づくりを強化するための住宅だといえますね。

ちなみに、LCCM住宅は、“ライフサイクルカーボンマイナス住宅”の略語で、一層のCO2削減を目指した住宅の最終的に行きつく目標として、政府にも推進されています。

建築物省エネ法

建築物の省エネルギー性能を向上するための措置を定めた法律を“建築物省エネ法”といいます。

東日本大震災以降、日本国内のエネルギー受給が一層ひっ迫する中、建築部門のエネルギー消費量は著しく増加しています。それに伴い、省エネルギー対策の抜本的な強化が必要であるという考えから、当法律は制定されました。

“建築基準法”については、知らない方はほとんどいないと思いますが、この法律を知らないという方は、意外と多いのではないでしょうか?

同法では、一定規模以上の建築物について、増改築等を施す場合のエネルギー消費性能の確保義務、建売戸建て住宅に関する省エネ性能向上のための基準等が定められています。

気密住宅

壁や窓、屋根などにできる隙間を小さくすることで、屋外の空気や湿気が室内に入りにくくなっている住宅を“気密住宅”といいます。壁面や壁間等には、精度の高い建築部材や防湿シート、断熱材や気密テープなどが使用されています。

中でも、省エネルギー基準を超える断熱気密レベルを満たしている住宅は“高断熱気密住宅”と呼ばれていますね。

これは、断熱と気密の施工をすることで、冷暖房に頼りすぎず、年間を通して快適な室温を保つことを目的としたものです。言い換えれば、冷暖房費やCO2排出量を削減できる環境に優しい住宅ですね。

創エネ

自治体や企業、一般家庭が自らエネルギーを創り出すという考え方、または方法のことを“創エネ”といいます。省エネは聞いたことがあっても、これに関しては初耳の方も多いでしょう。

これは、“創エネルギー”の略で、創エネの考え方では、エネルギーを創る際、二酸化炭素や窒素酸化物などの有害物質を排出しない“クリーンエネルギー”を使うケースが一般的です。

ちなみに、住宅で用いられる創エネ機器には、太陽の力で電気を作る”太陽光発電システム“や、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、その際に出る熱でお湯を沸かす”燃料電池“などが挙げられますね。

そして、近年は住宅で創り出した電気エネルギーを蓄える“蓄エネ機器”として、リチウムイオン電池が実用化されたことにより、戸建て住宅を建築する際、創エネ機器と蓄エネ機器をセットで導入するケースが増えています

まとめ

ここまで、環境と深い関わりのある住宅や法律、考え方などを見てきましたが、いかがでしたか?今後住宅を購入する方は、広さや間取り、デザインだけでなく、環境に優しいかどうかも考慮して、物件を選ぶことをおすすめします。そうすれば、新居での生活はより豊かになりますし、将来の不動産売却においても有利になる可能性はアップします。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート