不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~売買契約当日の流れは?~

購入する物件の内見を行い、申し込みをした後は、いよいよ不動産売買契約を結ぶことになります。ただ、売買契約当日の一般的な流れについては、意外と把握していない買主の方も多いのです。
前もって流れを掴んでおけば、当日の契約がよりスムーズに進みますから、この機会にぜひ知っておきましょう。

①顔合わせ

不動産売買契約当日は、まず買主と売主の顔合わせから始まります。内見ですでに売主と顔を合わせている場合も多いですが、契約当日にはあらためてきちんと挨拶をしましょう。

また、内見は買主本人のみが行ったという場合は、家族(特に配偶者)も一緒に訪れることをおすすめします。なぜなら、売買契約を締結した後に、「家族の意見が合わなかったので、契約をキャンセルしたい」という申し出はできないからです。

②重要事項説明

売主への挨拶を済ませた後は、比較的すぐに重要事項説明が行われます。これは、文字通り不動産売買契約における重要な事項の説明であり、宅地取引士の資格を持つ不動産会社の担当者しか行うことができません。

また、有資格者の担当者は、説明前に取引士証を買主、売主に見せなければいけないため、もし忘れているのであれば指摘してあげましょう。

ちなみに、不動産会社における重要事項説明の義務は、買主にしか発生しませんが、売買契約当日は、売主も一緒になって説明を聞くケースが一般的です。

重要事項説明書は事前に確認しておこう

先ほど、売買契約当日には重要事項説明を受けるといいましたが、この際使用する書類の内容は事前に確認しておきましょう。なぜなら、複雑な内容の重要事項について、契約当日の説明だけで完璧に理解するのは難しいからです。

売買契約前であっても、不動産会社は重要事項説明書のコピーを送付してくれるため、忘れずに連絡しておきましょう。

③内容の確認

重要事項説明を受けた後は、あらためて契約内容に間違いがないかを確認します。
このとき、1つ1つの項目について、不動産会社が買主、売主に質問しながら確認していく場合が多いですね。

また、買主が忘れずにチェックしたい契約内容としては、主に以下の点が挙げられます。

  • 物件情報(本当に購入しようとしている不動産かどうか)
  • 売買代金の額とそれの支払い方法・支払い時期
  • 手付金の額とその性質
  • 公租公課等の精算方法
  • 瑕疵担保責任期間
  • 付帯する設備 など

④署名・捺印

契約書の内容におかしな点、買主と売主の認識間違いなどがなければ、お互いが署名・捺印を行います。

また、売買契約書は“課税文書”という印紙税の課税対象となる契約書であるため、収入印紙を貼って納税することも忘れてはいけません。

⑤手付金の授受

それぞれ署名・捺印が終わったら、晴れて売買契約は成立です。また、買主はこのタイミングで売主に対して手付金を手渡します。一般的には、売買代金の10%程度を手渡すケースが多いですね。

ちなみに、買主は手付金を破棄することで、原則成立済みの売買契約を破棄することができます。

⑥仲介手数料の支払い

最後に、買主は不動産会社に対して仲介手数料を支払います。ただ、このとき支払うのは、すべての仲介手数料ではありません。契約当日に支払うのは、総額の半分とされています。

例えば、総額70万円の仲介手数料がかかる場合、契約当日に支払うのは35万円だということですね。

まとめ

不動産売買契約当日に買主が行うことは、決して多くありません。
基本的には、契約書の内容確認と金銭の支払いだけです。
したがって、前もって流れを把握しておけば、トラブルが起こる心配もないでしょう。
ただ、買主は多くの現金を用意して売買契約に臨まなければいけないため、そこだけは金額のミスなどがないように注意してください。
不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!


初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート