不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~空き家の放置は迷惑がかかるって本当?~

親から空き家相続したものの、使い道がなく、そのまま放置してしまっている方は少なくないでしょう。ただそのままにしておくと、本来支払う必要のない維持費が発生し続けることになりますし、なんといっても近隣住民の迷惑に繋がります。今回は具体的にどのような形で迷惑をかけてしまうのか、解説しましょう。

①倒壊・破損

使用しない空き家をそのままにしておくと、どんどん建物は劣化していきます。また人が住んでいない建物は劣化のスピードがとても早く、倒壊あるいは破損の可能性も高くなります。

このように、今にも崩れそうあるいは外壁が剥がれ落ちそうな空き家の近くに住む近隣住民は、怖くて仕方ありませんよね。つまり、近隣住民が倒壊や破損による剥落に巻き込まれてしまわないように、使わない空き家は早めに売却すべきだということです。

ちなみに、空き家の劣化スピードが速い理由としては、換気されないためカビが繁殖しやすいこと、損傷があっても修繕されないことなどが挙げられます。

②火災

空き家は放火の対象になりやすく、もし火災が起こるようなことがあれば、近隣住民に甚大な被害を与えてしまいます。また空き家には木造のものも多いため、1度大きくなった火はなかなか消し止めることができません。

もちろん、放火だけでなく、自然災害等が原因で火災が発生したときも、空き家が延焼の原因となってしまうことが考えられるため、そのまま放置するのは控えましょう。

③草木の繁茂

空き家をそのままにしているということは、当然庭などの敷地も手入れしていないということになりますよね。また敷地の手入れをしなければ、当然草木は伸び放題になってしまい、これが近隣住民への迷惑に繋がってしまうことも考えられます。

例えば、草木が生い茂っていると、虫が発生しやすくなります。そして、不法投棄される可能性も高くなり、非常に景観は悪くなるでしょう。

つまり、空き家の敷地を手入れしないことで、近隣住民が生活しづらい環境が出来上がってしまうということですね。空き家を所有しているからといって、周辺環境を悪くしていいはずがありませんので、注意しましょう。

④治安

建物は寂れ、草木は生い茂り、いかにも空き家というような見た目になってしまうと、治安の面でも近隣住民に迷惑をかけてしまいます。

例えば、明らかに見た目が空き家である場合、不法侵入者が現れたり、路上生活者が勝手に住んでしまったりする可能性もゼロではありません。また犯罪者によって、何か違法なことに使用されることも考えられます。

近隣住民からすれば、誰もいないはずの空き家に人が出入りしている状況は恐怖でしかありません。もちろん、人だけではなく、犬猫等が棲みついてしまうことも考えられるため、そうなる前に早急に対処すべきです。

売却できない場合は土地活用を考えよう

空き家をそのままにしておくことで、さまざまな迷惑がかかるのは承知していながらも、なかなか買い手が見つからないという方もいるでしょう。そのような場合は、土地活用できないかどうかに考えをシフトすることをおすすめします。

土地活用といえば、不動産投資や駐車場経営などのイメージがありますが、これらはある程度需要があるエリアでしか成立しません。ただ、上記の需要が少なくても、太陽光発電などの土地活用であれば、十分始められる可能性はあります。

まとめ

たとえ必要のないものであったとしても、空き家を相続した方は、所有者になった以上、最後まで責任を持って対応しなくてはいけません。対処することから逃げるのは簡単ですが、それによって近隣住民に数々の迷惑がかかることは覚えておきましょう。ちなみに、あまりにも悪質な放置の場合、損害賠償責任を負うことにもなりかねません。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート