マンション売却時に相場を調べる方法【高く売るコツまとめ】

マンションを売却する際は誰もが高く売りたいと思っているのではないでしょうか。マンションを高く売るコツは相場を知ることです。では、どうやってマンションの相場を調べることができるのでしょうか。今回はマンションの相場を調べる方法と高く売るコツについてまとめています。
マンションをを売却するためには、いくらで売却したいかを自分で決めなくてはいけません。しかし、いきなり自分で希望売却価格を決めようとしても、すぐにいくらと設定するのは難しいもの。この記事では不動産会社に調べてもらう方法やマンションの相場価格をWebサイト等で調べる方法やを紹介します。

不動産会社にマンションの相場を調べてもらう方法

不動産会社にマンションの相場を調べてもらう方法を紹介
不動産会社にマンションの相場を調べてもらう方法を紹介していきます。

マンションを売却する際、マンションがはたしていくらで売却できるのか、まずは相場価格を知りたいですよね。

そのため、マンションを売却することが決まったらまずはじめにするのが「売却査定」ではないでしょうか

しかし、査定書に書かれたことをすべて鵜呑みにして不動産会社に任せることはしないようにしましょう

マンションを売却する際の売出価格の設定を間違えてしまうと、なかなか売れず、時間がかかり、精神的にも不安が募り、焦ってしまうことで、容易に値下げ交渉に巻き込まれてしまうことになりかねません。

適正な相場価格を算出するためには、どのような確認方法を取れば良いのでしょうか。不動産会社に確認してもらう方法を紹介していきます。

マンションの相場価格は不動産売却一括査定サイトを使う

マンションを売却をするために、一度は必ず通らなくてはならない「売却査定」。

複数の不動産会社に一括で依頼を出せる「不動産売却一括査定サイト」を利用すると、一度にたくさんの不動産会社から査定価格を提示してもらえて便利です。

しかし、マンションなどの不動産は取引は額も大きいため、相場を十分な下調べせずに売却に踏み切ってしまうと、損をしてしまうことも。

査定価格は自分で調べられなくても、相場価格であれば自分で調べることができます

まずは、不動産売却一括査定サイトを使い、所有しているマンションの査定価格を出してもらいましょう。

しかし、ここで注意が必要です。あくまでも不動産売却一括査定サイトから不動産会社が教えてくる価格(査定価格)=相場価格ではありません

それでは、不動産売却一括査定サイトを使って、不動産会社からくる査定を使って、どのように相場を調べていけばいいのでしょうか。

マンションを売却する上で、不動産産会社に、具体的に何を問い合わせれば良いのか、どのようなことを調べてもらえば良いのかを説明していきます。

不動産会社からくる査定書をチェックする

不動産会社に所有するマンションの査定をしてもらう際に、不動産売買一括査定であってもそうでなくても「査定書」というものを受け取ります。

査定書の中には、査定価格はもちろん、そのほかにも売出事例や成約事例が掲載されています

ポイントとなるのは、この売出事例と成約事例です。

売出事例:

売出事例とは、現在市場に売り出されいるマンションの情報です。価格だけでなく、面積や築年数、エリア、更にはいつから売りに出されているかという情報がわかります。

成約事例:

成約事例とは、過去に市場で売れたマンションの情報です。こちらも価格だけではなく、面積や築年数、エリア、更にはいつ売れたかという情報がわかります。

まず、査定書を受け取ったら、売出事例と成約事例は必ずチェックしましょう。

査定書に売出事例と成約事例が付いてない場合は、その不動産会社に、所有するマンションの売却を任せることはやめましょう。なぜなら、その会社も、対象のマンションの相場価格をわかっていないことがほとんどだからです。

ここからはより、具体的に売出事例と成約事例のチェックポイントを見ていきましょう。

売出事例と成約事例のチェックポイント

不動産会社に相場価格を問い合わせる際の指標にもなるため、売出事例や成約事例にもしっかりと目を通すようにしましょう。

その中でも、査定書をどのように確認すべきか、チェックポイントを記載していきます。

査定書の売出・成約事例を選んだ根拠

まずはじめに確認しなくてはいけないのが、査定書に記載されている売出事例や成約事例をどういった根拠で選定したのかという点です。

査定書に掲載のある事例は、基本的に査定してもらった物件と似た条件を兼ねそろえているもの。

「同じような物件はこのような価格で決まりましたよ」の意味を込めて記載されています

しかし、同じマンションの全く同じ間取りでない限り、「同じ物件」とはいえないです。

そのため、なぜその物件を選んだのかの根拠、どのような点において似ているのか、違いはあるのかを徹底的にヒアリングすることをおすすめします。

特に見ておきたいポイントは以下です。

・対象エリア
・広さ
・築年数

対象エリアについて
査定書に記載されている事例のエリアは必ず確認しましょう。ご自身の売却したいマンションと同じエリアの物件であっても、最寄駅は本当に同じなのかどうか、駅からの距離はどれほど違うのかの確認が大事です。駅からの道のりも、明るい道を通るのか、暗い道を通るのか、詳細まで確認ができると、良いでしょう。

広さ
坪数が同じだからといって、同じ価格で取引がされるとは限りません。特に、同じ広さであってワンルームや1Kよりも、1LDKなど部屋が複数ある物件の方が複数人や家族で住めるため物件の相場としては高くなります。さらに、部屋はなるべく正方形、もしくは極端でない長方形が好まれます。そのため、事例で出されている物件の広さの確認と同時に間取りの確認、部屋の形もできると良いでしょう。

築年数
一番しっかり確認したいのが築年数
です。特に「ご自身の物件よりも事例の物件の方が古い」ようであれば、必ず確認しておきたいことがあります。その確認したいものとは、「リフォーム・リノベーション履歴」です。

新築のマンションは一度鍵を開けてしまうと価値が半分程度になってしまうと言われています。しかし、リフォームやリノベーションを施すことで、資産価値が元の状態、もしくはそれ以上に上がります

そのため、築年数だけを見て判断せずに、事例の物件にはリフォーム・リノベーションが施されていたのか、ご自身のマンションには施してあるのかを比較するようにしましょう。

査定書に売却したいマンションと違う事例ばかりを載せている不動産会社に売却の依頼をすることはお勧めできません。実態とは違う、査定価格を出している可能性がありますので、注意が必要です。

売却したいマンションの周辺の供給状況

不動産の価格は戸建であっても、マンションであっても、欲しい人と売りたい人の需要と供給によって変動しますそのため、どんなに高い価格で購入したマンションであっても、欲しい人がいなければ、低い価格で買い取られてしまいます。

そこで確認したいのが、売却したいマンションの周辺の供給状況です。対象エリアにマンションを買いたい方がたくさんいても、マンションを売却したい方もたくさんいる場合、希少性がなく、高い価格での売却は難しいでしょう。

そのため、周辺エリアでどれほどのマンションが売りに出されているのか、売りに出される可能性はあるのか、確認をしてみましょう。

特に、新築マンションが売り出されるタイミングと重ならないかどうかは、必ずチェックが必要です。

売却したいマンションの周辺の需要状況

供給状況と合わせて確認しておきたいのが周辺の需要状況です。

マンションを売却したいタイミングで、そもそもどれだけの方が対象エリアにマンションを欲しいと思っているのか、需要の確認は重要です。

せっかく高い価格で売却できる物件であっても、欲しい方がいなければ売却できません。反対にいうと、買手さえ見つかってしまえば、比較対象がない分、価格を下げずとも売却できるメリットもあります

近いうちに商業施設が建つかどうかや、どのような物件を探している方がいるのかをヒアリングしましょう。買手の探している物件の特徴がわかれば、売却活動においても、適切なうたい文句できり出せるため、取引成功に繋がりやすくなります。

特に、売却したいマンションをどんな人が買いたいと思うのかを事前に考えておくことは大変重要です。

不動産市場の変動があるか、ないか

マンションの不動産の市場の変動については、現場の取引実績のある営業マンが語るものが一番正しいと言えるでしょう。

そこで、近年の不動産市場の兆候をヒアリングしてみましょう。どのようなタイミングで相場が上がったり下がったりするのかを把握できるだけで、売却するタイミングを見極めることができるようになります。

近々周辺で大型イベントが開催されるなど、普段と変わったことがあるようであれば、特に注意して見ておくことをおすすめします。

不動産会社にマンションの相場価格を調べてもらう際のポイントまとめ
  • 不動産会社にもらう査定書で、売却したいマンションの周辺の売出事例・成約事例を確認する。
  • 査定書をもらったら、①査定価格の根拠、②周辺の供給状況、③周辺の需要状況、④不動産市場の変動があるか無いかを確認する。
  • 査定書の中身をしっかり確認することで、その不動産会社にマンションの売却を任せてもよいかの判断基準にもなる。

ここまで、マンションの売出事例や成約事例などから相場価格を不動産会社に調べてもらう方法を紹介してきました。

マンションなどの不動産の取引は額も大きいため、相場価格の十分な下調べをせずに売却に踏み切ってしまうと、損をしてしまうことになりかねません。

査定価格は自分で調べられなくても、相場価格であれば自分で調べることができます。

また、マンションを売却する際には、Webサイトを利用して相場を調べることもできます

しかし、査定書に掲載してある事例と比較しながら相場価格を見ていくことで、提示された査定額が本当に信用できるものなのかの判断もつくようになります。

さらに、周辺エリアの需給状況についても教えてもらえるため、売却活動をする際の打ち出し方にも役立ちます。

ここからは、マンションの相場価格をWebサイトを利用して相場を調べる方法を記載していきます。

Webサイト・インターネットを使って相場を調べる方法

Webサイト・インターネットを使ってマンションの相場価格を調べる方法
Webサイト・インターネットを使ってマンションの相場価格を調べる方法について紹介していきます。

マンションを売却する際に、自分でマンションの売出価格を決めないといけない

マンションの売出価格と言われても、どういった基準で設定すれば良いのか検討も付かない方は多いのではないでしょうか。

そこでここからは、前章の不動産会社に調べてもらう方法以外の、Webサイト・インターネットを使ってマンションの相場価格を調べる方法について紹介していきます。

マンションの相場価格を知ることができるWebサイト

マンションの相場価格をWebサイトで調べるといっても、ネットで検索するとたくさんのサイトが出てきます。たくさん出てくるサイトの中でもおすすめのサイトをいくつか特徴を説明しながら紹介していきます。

全国マンション価格まるわかりマップ

全国マンション価格まるわかりマップ」では、不動産売却一括査定サイトも運営している、マンションナビが調査している、全国のマンションの相場価格が表示されているサイトです。会員登録をすると相場価格を見ることができます。

「坪数」を選ぶと上空からの写真の地図上に対象の坪数のマンション名と売却相場価格が表示されます。

同じエリアでも、特にどのエリアにマンションが密集しているのか、価格帯に違いがあるのかがわかりやすく見ることができます。坪数が選択できるため、ご自身のマンションと同じ坪数のマンションがどれほどの価格で売却されているのかを他のエリアと比較できるのも「全国マンション価格まるわかりマップ」ならではの表示のされ方ではないでしょうか。

【全国マンション価格丸わかりマップ】
https://t23m-navi.jp/maps

 

中古マンションリサーチ

Realnet中古マンションリサーチ」では、37,000件の新築分譲時のマンションデータと30,000件の中古流通時のマンションデータを20年間に渡り蓄積し、部屋単位で売却価格を算出しています。不動産マーケティングの事業を展開する株式会社マーキュリーが長年蓄積してきたデータならではの実績となっています。

「地図検索」ができるため、ご自身の売却したいマンションのエリアを選択することで、エリア全体として他のエリアとの価格帯の比較ができます。最寄り駅、物件名、総戸数、坪単価などの単位での検索ができるため、査定書に記載されている売出事例や成約事例の物件を検索してみるとご自身のマンションの相場も見えてくるのではないでしょうか。

【中古マンションリサーチ】
https://service.mcury.jp/chuko_1/

マンションマーケット

マンションマーケット」では、各マンション毎に相場価格や過去の算定価格が表示されています。販売価格も見られるようになっており、マンション購入にあたり必要な情報が掲載されているため、売却したいマンションと似ているマンションも探しやすいのではないでしょうか。坪単価の相場だけでなく、物件としての価格が上乗せされた参考査定価格の両方が見られます。

さらに、同じマンションの中で販売中の物件はすべてまとめて見られるようになっています。そのため、同じマンションでも階数や方角によってどのように価格が変わるのか、面積でどのように価格が変わるのかを見ることができます。

【マンションマーケット】
https://mansion-market.com/mansions/detail/1120

住まいサーフィン

住まいサーフィン」では、沿線や駅別で算出された相場価格を見ることができます。自分の住んでいるエリアの相場価格がいくらほどなのかを調べたい方にはちょうど良い仕様になっているのではないでしょうか。

「住まいサーフィン」の良いところは、時価で相場価格を見られること。特に、土地の価格に変動が見られそうなタイミングやエリアのマンションを売却したいのであれば、相場価格の変動を観察してると良いのではないでしょうか。小さな価格の違いでも不動産取引ともなれば額は跳ね上がるもの。慎重に価格の確認をすることをおすすめします。

【住まいサーフィン】
https://www.sumai-surfin.com/

 

相場価格を調べる際に確認するべき項目

Webサイト上でマンションの相場価格を確認する際には、どのような点を重視して確認をすると良いのでしょうか。売出事例や成約事例の中でも見るべき項目をいくつか紹介していきます。

エリア

必ずチェックが必要なのが、どこのエリアのマンションであるかということ。マンションのは需要のあるエリアとないエリアで大幅に価格が異なります。隣駅であっても各駅しか止まらないのか、急行も止まるのかで価格は全く異なるため、「最寄駅」がどこなのかも十分に確認しておくことが大切です。

広さ

「坪単価」で大まかな価格が割り出される不動産。戸建に限らず、マンションでも広さは価格を左右する大きな要因となります。対象エリアの坪単価と売却したいマンションの坪数とを比較して見てみると良いでしょう。

間取り

広さとも関係してきますが、どのような間取りになっているのかも重要です。どんなに広くても1Kやワンルームだと価格はどうしても乗らないのが実情。複数人や家族と住めるような間取りの方が相場価格は高くなります。

築年数

新築の物件であっても一度鍵を開けてしまうと資産価値が一気に下がるマンション。マンションを手放す際の築年数は相場価格を変える要因です。築年数は減価償却にも反映される値です。同じエリアの同じ時期に建てられたマンションがどれほどの価値で売却できるのかチェックしてみましょう。

Webサイト・インターネットを使って相場を調べる方法まとめ

  • マンションを売却する上で相場価格はWebサイトなどのインターネットで調べることができる
  • マンションの相場価格が調べることができるおすすめサイトは、全国マンション価格まるわかりマップ、Realnet中古マンションリサーチ、マンションマーケット、住まいサーフィンなど。
  • Webサイトを使って、マンションの相場価格を調べるときも、「エリア・広さ・間取り・築年数」は必ず確認する

マンションの相場を調べる方法まとめ

売却するマンションの相場価格の調べ方まとめ
売却するマンションの相場価格の調べ方まとめを紹介します。
  1. 不動産会社にもらう査定書で、売却したいマンションの周辺の売出事例・成約事例を確認する。
  2. 査定書をもらったら、①査定価格の根拠、②周辺の供給状況、③周辺の需要状況、④不動産市場の変動があるか無いかを確認する。
  3. 査定書の中身をしっかり確認することで、その不動産会社にマンションの売却を任せてもよいかの判断基準にもなる。
  4. マンションを売却する上で相場価格はWebサイトなどのインターネットで調べることができる
  5. マンションの相場価格が調べることができるおすすめサイトは、全国マンション価格まるわかりマップ、Realnet中古マンションリサーチ、マンションマーケット、住まいサーフィンなど。
  6. Webサイトを使って、マンションの相場価格を調べるときも、「エリア・広さ・間取り・築年数」は必ず確認する

いかがでしたでしょうか。

最も、目的は自分の理想通りに物件を売却をすることです。手っ取り早く不動産売却一括査定サイトを利用して、不動産会社から査定書をもらうことも重要ですが、その査定書にかかれていることが正しいかどうかを見極める必要があります。

さらには、WEB上で確認できる上記のようなサービスを使って、正しい事例を出してくれている不動産会社かどうかをしっかりと見極めましょう。

マンション売却のための査定価格は不動産会社に算出してもらって満足して終わってしまう方が多くいますが、自分で相場価格を調べられる方法をうまく活用し、ご自身でも相場価格を算出してみましょう。

実際に売却となると再度査定は必要になりますが、不動産会社の提示している価格が不正でないかの確認をするためにも相場価格を把握しておくと便利なことも。手元に残せるお金を計画するためにも使えるため、ぜひWebサイトを利用して相場価格を調べてみましょう。

特にマンションを売却する上では、マンションナビの一括査定をすることをお勧めします。

本記事の下のフォームより、マンションナビを使った無料で一括見積もりをすることができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート