マンション売却はどこがよい?不動産会社選びにおすすめな4ステップ

マンション売却は不動産会社選びを間違えると、100万円単位で損することがあります。というのも、不動産会社によって売却価格と売却スピードが全く異なるからです。
しかし、自分のマンションと相性の良い不動産会社を選ぶのが難しいのは事実です。そこでこの記事では、マンションを売却するときの「不動産会社選び」におすすめな4つのステップを解説していきます。
筆者は元々マンションディベロッパーで営業をしていた「マンション売却のプロ」です。実体験を踏まえて解説していくので、マンション売却を検討している人はぜひチェックしてみてください。

マンション売却におすすめ!不動産会社を選ぶ4ステップ

マンションを売却する際に不動産会社を選ぶ流れ マンションを売却するときの不動産会社選びは、以下4つのステップになります。
  1. 複数社へ査定依頼する
  2. 複数社を横並びで比較する
  3. 過去の実績をヒアリングする
  4. 営業担当者の対応もチェックする
不動産会社はどこがよいか?につながる重要なステップなので、しっかりチェックしていきましょう。

ステップ1:複数社へ査定依頼する

1つ目のステップは、複数社へ査定依頼することです。その理由は、エリアや不動産種類において不動産会社も得意・不得意があるからです。
なお、複数社へ査定依頼する際は一括査定サイトの利用をおすすめします。おすすめの一括査定サイトの詳細は後述しますので、まずは不動産会社の得意・不得意について以下を確認ください。

エリアの得意・不得意

不動産会社はエリアによって得意・不得意があります。というのも、エリアによって特徴が異なるため、集客方法や営業方法も異なるからです。
たとえば「東京都港区」しか知らない人が、いきなり「北海道富良野市」の物件を売ることをイメージしてください。エリアの説明もできないですし、広告媒体は何が効くのかも分からないでしょう。
やや極端な例ではあるものの、エリアにはそれぞれ特徴があるので不動産会社によって得意・不得意があるのです。

不動産種類の得意・不得意

不動産種類とは、マンション・戸建て(土地含む)のことです。不動産会社は「不動産種類」によっても得意・不得意があります。
というのも、マンションと戸建てには以下の違いがあるからです。
マンションと戸建ての違い
項目 マンション 戸建
価値 建物◎
土地△
建物△~○
土地◎
構造 RC造が一般的 木造が多い
再測量 基本不要 必要な場合が多い
その他 階数によって特徴が違う
上記のように、マンションと戸建ては特徴が異なるので売り方も異なるのです。そのためマンションを売りたいのに、戸建て・土地を得意としている不動産会社に仲介を依頼すると、売却価格・売却スピードは落ちるでしょう。

ステップ2:複数社を横並びで比較する

2つ目のステップは、複数の不動産会社を横並びで比較することです。その際は以下の点を知っておきましょう。
  • 同時期に査定結果を比較する
  • 周辺物件の情報をヒアリングする
  • 連絡手段を考える
詳しく解説します。

同時期に査定結果を比較する

まずは、不動産会社から提示される査定結果を同時期に比較しましょう。複数社の査定結果を比較するときに、査定依頼した時期がズレると結果を比較しにくいからです。
とはいえ、不動産会社を一軒一軒まわって査定依頼するのは非常に面倒なので、一括査定サイトの利用をおすすめします。一括査定サイトなら、一気に5社ほどへ査定依頼できるので手間がかかりません。
また査定依頼後1~2営業日で査定結果の連絡がきます。その査定結果を横並びで比較することによって不動産会社ごとの違いが分かるため、優良な不動産会社を選定しやすいのです。

周辺物件の情報をヒアリングする

不動産会社から査定結果をもらったら、周辺物件の情報をヒアリングしましょう。不動産会社は周辺で成約した物件や、現在売り出されている物件を基に査定結果を算出するからです。
つまり周辺物件をヒアリングすることで、不動産会社が「査定価格を算出した根拠」が分かります。その「根拠」を不動産会社ごとに比較することで、査定価格の確からしさを確認できるというわけです。
査定価格が信用できる不動産会社は優良な不動産会社なので、この「査定価格の根拠をヒアリングすること」は不動産会社を選ぶときにおすすめの方法です。

連絡手段を考える

査定結果は、不動産会社から電話やメールなどで連絡がきます。もし電話をいちいち受けるのが面倒であれば、「連絡手段は全てメールでお願いします」と伝えましょう。 逆にメールでもらった査定結果の内容を電話で詳しく聞きたければ、「○月×日の午後にお電話いただけますか?」とメールすれば、電話をもらう日時を調整できます。
査定結果をヒアリングすると不動産会社からの連絡が多くなるので、連絡手段を考えることは意外に重要です。

ステップ3:過去の実績をヒアリングする

3つ目のステップは、不動産会社に過去の実績をヒアリングすることです。この点は前項の「査定価格の根拠をヒアリングすること」にもつながります。
過去の実績をヒアリングする理由は、上述した「得意・不得意」を判断するためです。マンション売却なら、マンション売却の実績が豊富である不動産会社が理想です。
また、直近で周辺のマンションを成約した事例があれば、なお良いでしょう。というのも、そのエリアで購入検討者を抱えている可能性があるからです。購入検討者を抱えていれば、検討度合いの強い人をすぐに集客できます。
このように、過去の実績をヒアリングすることは不動産会社選びにおいて重要です。査定結果をもらう際に必ずヒアリングすることをおすすめします。

ステップ4:営業担当者の対応もチェックする

4つ目のステップは、査定時に査定価格だけでなく営業担当者もチェックすることです。査定の担当者は、そのままマンション売却の営業担当になることが多いからです。
つまり、査定時の対応はマンションの購入検討者への対応になります。メールの返信が遅ければ、購入検討者へのメール返信も遅いでしょう。口調が乱暴であれば、購入検討者への口調も乱暴でしょう。
そのような営業担当者だと、いくら良いマンションでもなかなか売れません。だからこそ、査定時に営業担当者の対応もチェックすべきなのです。
不動産会社はどこがよい?おすすめの選び方
・一括査定サイトで複数社へ査定依頼する
・不動産会社には過去の実績をヒアリングする
・査定時は営業担当者の対応もチェックする

【おすすめ】マンション売却時の一括査定サイトの選び方

売却一括査定サイトの選び方 前章で解説したように、マンション売却時は一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社に査定依頼することをおすすめします。
しかし一括査定サイトにも以下のような違いがあります。
  • 専門にしている不動産の種類が異なる
  • 不動産会社の参画数が異なる
  • 対応方法が異なる
結論からいうと、マンション売却時の一括査定サイトには「マンションナビ」をおすすめします。その理由も含め、上記の一括査定サイトの違いについて詳しく解説していきます。

専門にしている不動産の種類が異なる

不動産会社によって、マンション・戸建て・土地…と専門にしている不動産の種類が異なります。それは一括査定サイトにも同じことがいえます。
つまり「マンションが得意な不動産会社が集まっている」サイトもあれば、「戸建が得意な不動産会社が集まっている」サイトもあるということです。
当然ながら、マンション売却時は「マンションが得意な不動産会社が集まっている」サイトを利用した方が良いです。
マンションナビは「マンション売却」に特化した一括査定サイトなので、マンション売却が得意な不動産が集まっています。この点が、マンションナビをおすすめする理由の一つです。

不動産会社の参画数が異なる

一括査定サイトによって不動産会社の参画数は異なります。当然、参画している不動産会社数が多いほど、自分のマンションを査定できる不動産会社も多くなります。
仮に参画している不動産会社数が少ないと、エリアによっては「査定できる不動産会社がありません」ということもあり得るでしょう。
その点、マンションナビは全国2,500店舗の不動産会社が参画しています。一括査定サイトの中でもトップクラスの参画数を誇るため、この点もマンションナビをおすすめする理由の一つです。

対応方法が異なる

一括査定サイトによって、利用者への対応方法は異なります。電話で対応している一括査定サイトもあれば、メールで対応している一括査定サイトもあるでしょう。また問い合わせに対して、誰が対応するかもサイトによって異なります。
マンションナビはメールで問い合わせを受け付けていますが、電話を希望すれば担当者が電話連絡してくれます。
さらに不動産業務経験のあるスタッフが対応している点も、マンションナビの特徴といえるでしょう。この点もマンションナビをおすすめする理由です。
不動産会社はどこがよい?おすすめの選び方
・結論はマンションナビがおすすめ
マンション売却に特化しているかサイトだから
・不動産会社の参画数が多いから
不動産業務経験のあるスタッフが対応してくれるから

【おすすめ】マンション売却を検討しているなら今すぐ査定依頼しよう

一括査定サイトを利用した方が良い理由 マンション売却を検討しているなら、今すぐ査定依頼した方が良いです。その理由は以下になります。
  • 査定しないとマンション価格は分からない
  • 競合環境によってマンション価格は変わる
  • 査定することにデメリットはない
不動産の情報はプロにしか集められないので、査定依頼しないと自分のマンションがいくらで売れるか分かりません。
また、競合環境によってマンション価格は変わるため、3か月後に査定したら査定価格が100万円下がる…こともあり得ます。査定しておけば、競合環境を見ながら売る・売らないの判断ができます。
また、査定することにデメリットはありません。強いて言えば、不動産会社とやり取りが増えるので時間が奪われることはデメリットです。
ただ上述したように、基本はメールでやり取りすれば自分の都合が良い時間帯にやり取りできるため、そこまで大きなデメリットにはならないでしょう。
不動産会社はどこがよい?おすすめの選び方
・査定しないとマンション価格は分からない ・査定価格は時期によって変わるのですぐ査定した方が良い
 

まとめ

マンション売却の不動産会社の選び方まとめ
不動産会社の選び方におすすめな4ステップ


  1. 複数社へ査定依頼する
  2. 複数社を横並びで比較する
  3. 過去の実績をヒアリングする
  4. 営業担当者の対応もチェックする


マンションを売却するときは、上記4つのステップで不動産会社を選びましょう。特に査定価格の根拠をヒアリングすることは重要です。
オーバーな話ではなく、不動産会社によって売却価格が100万円以上変わることは少なくありません。そのため、自分のマンションを少しでも高く・早く売ってくれる優良な不動産会社を探す必要があります。
上述したように、一括査定サイトの中ではマンションナビがおすすめです。わずか60秒の入力作業で、無料で査定依頼できるのでぜひご活用ください。

記事監修者情報

監修者情報 ■氏名:中村昌弘
■保有資格:宅建士
■プロフィール
2008年より新卒で大手マンションディベロッパーに勤務。新築マンションの販売や仲介、用地取得など幅広く従事。プロジェクトマネージャーとして、新築マンションの販売を何棟も歴任。自身のマンションを購入・売却した経験もある。
2016年から独立して、不動産関係を中心にライター業を開始。多数の大手メディアに掲載歴を持つ。営業担当者・プロジェクトマネージャーの経験、および自分自身の経験を武器に、分かりやすい記事の執筆を心がけている。
 

初めての売却にオススメできる一括査定No.1

マンションナビの無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。わずか60秒でご利用でき、初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

→不動産【土地・戸建】の無料売却一括査定はこちらから

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート