不動産屋の選び方。大手か中小かを徹底解説!

不動産を売却において、不動産屋を選ぶ際に大手か中小か悩まれる方も多いのではないでしょうか。不動産屋売却において、大手が良いのか、中小が良いのかをまとめました。不動産売却において、不動産屋の選び方が重要になります。
さらに、それ以上にどれだけ親身になって親切に相談乗ってくれたり、一緒に対策を考えてくれる担当者に対応してもらえるかが不動産売却の肝ともいえます。では、どのような担当者であれば「この人に任せられる!」と信用しても良いのでしょうか。不動産売却の際に担当になってもらいたい担当者を見極めるポイントやその嘘を見破る方法も併せて紹介していきます。

大手と中小の違いを理解する

不動産会社の大手と中小の違い
不動産会社の大手と中小の違いについて説明します。

 

不動産を賃貸するにも、購入するにも、売却するにも、個人ですべて手続きをすることは難しく、必ずと言って良いほど不動産屋に仲介に入ってもらいます

取引を進めて行くためのパートナーとも言える不動産屋選びは、不動産取引をする上で最も重要であると言っても過言ではありません。

数ある不動産会社の中から最適な不動産会社を見つけるためには、どうすれば良いのでしょうか。不動産会社の売上をランキング形式で紹介しながら、不動産会社の選び方について説明して行きます。

不動産屋の売上ランキングを確認する

はじめに、どのような不動産会社があるのかを売上順に確認するのも良いでしょう。

売上が良いからと言って、ご自身の取引に最適な不動屋とは限りませんが、一定の基準を示すものとして知っておくと良いのではないでしょうか。

不動産屋の売上は主に「仲介手数料」から成り立っていますそのため、売上を見ることでどれほどの仲介手数料が発生したのか、すなわちどれほどの件数の取引を仲介したのかを知るための指数となります。

そして、売上を確認した後は、大手が良いのか中小が良いのかを紹介していきます。

大手・中小それぞれの強み

不動産売却を考え始めた方の多くは、査定をしてもらう段階で、初めて不動産屋と本格的に接触することになると思います。

ネットでちょっと調べるだけでも、膨大な数の不動産会社が出てきますが、①売却したい物件がある地域に対応可能であること②マンション、戸建て、土地など、売却したい物件の売買に明るいことは、不動産屋を選ぶための最低条件です。

会社規模ということでは、大手、中小の大きくは2つに大別できます。

大手の良さ

日本各地でチェーン展開する大手不動産会社は、店舗数も社員数も多く、豊富な顧客リストから買手を探しやすいのがメリットです。さまざまな保障制度やサービスも提供しており、それが安心感にもつながります。

中小の良さ

大手以外にも、地元で厚い信頼を得ている中堅の不動産会社、高い志や発想力で新風を吹き込む中小の不動産会社と、優れた会社は多数あります。

土地と戸建ての売買に強い、中古マンションの売買をたくさん手掛けているなど、得意分野で独自性を発揮する会社も多いので、その点に注目して、自分のニーズに合う会社を選んでも良いでしょう。

ここまでで不動産屋には大手と中小の大きく2パターンが存在し、それぞれにはそれぞれの強みがあることをお判りいただけたかと思います。

ここからは、実際にどのように不動産屋を選ぶべきかについて紹介していきたいと思います。

大手か?中小か?不動産屋の選び方

大手か中小か不動産屋の選び方
大手か中小か不動産屋の選び方について紹介します

 

不動産の売却には、それを手助けしてくれるプロのチカラが必要です。買い手を探すのにも情報源が必要ですし、手続き上、専門的な知識も欠かせません。その方面に明るい不動産屋が間に入るからこそ、安心して売却ができるのです。

では、不動産屋に頼むとして、いったい、どんなところがよいのでしょう。やっぱり大手に頼むのが安心なのでしょうか。

それとも、街の情報に詳しそうな中小の不動産会社がいいのでしょうか。どっちもよさそうだけれど、迷ってしまうのが本音ですよね。

どのように大手か中小か選んでいくべきなのでしょうか。

規模やイメージではなく、サービス内容で選ぶ

実は、大手だからいいという訳ではありません。確かに抱えている見込み客のネットワークは強力です。

でも、住まいを選ぶ際には誰もが地元の物件から探しますよね。だとすれば、地元のことを熟知している中小企業のネットワークのほうが有利ということもあります。

また、フットワークの軽さや一生懸命さという意味では、大手も中小企業も関係ありませんよね。

つまり、規模やイメージで決めるより、自分の物件を売却するのに有利かどうかを軸に個々の会社からチョイスすることが大事なんです。

ネットや広告からの情報だけでは、どういう会社か判断しづらいという場合は、近くに店舗があれば、実際に足を運んでみるのも良い考えです。

店内が整理整頓されていない、社員が来客に挨拶をしない、でかでかと売り上げのノルマが張り出されている、落ち着いて商談ができる個室の用意もない…こういう会社は、詳しく話を聞くまでもなくアウトでしょう。

どんなサービス内容の違いがあるか

【サービス内容比較表】
サービス名 内容
荷物お預かりサービス 家の荷物を預かってくれるサービスです。売却時に片付いた部屋で買い手の内覧対応をすることができます
プロカメラマン撮影サービス 各広告媒体で使用する写真をプロのカメラマンが撮影しれくれるサービスです。
ホームステージング 家具や小物を美しく演出してくれるサービスです。不動産の売却活動がより効果的にできます。
ハウスクリーニング 家を掃除してくれるなどのサービスをしてくれます。買い手が内覧にくる際に、気持ちよく応対することができます。
設備保証サービス 売却後に住宅の設備に不具合が生じ場合費用を負担してくれるサービスです。
24時間駆けつけサービス 水漏れや鍵の紛失などの「困りごと」を24時間サポートしてくれるサービスです。
即時買取サービス 不動産屋が直接所有している不動産を買い取ってくれるサービスです。
買取保証サービス 一定期間内に売却できなかった場合に、所有している不動産を買い取ってくれるサービスです。
買取賃貸居住サービス 直接不動産を買い取り、所有している不動産を売却後、賃貸としてそのまま住み続けられるサービスです。

このように一言に不動産売却のサービスといっても様々なサービスが存在します。

不動産の売却は人生になかなか経験できないものです。各不動産屋がどんなサービスを提供しているかを事前に確認し、後悔しないようにしましょう

より詳細な違いを知りたい方はこちらを参照ください。

規模やイメージではなく、信頼できるかどうかで選ぶ

パートナーとなる会社がいい加減だと、決して安くない手数料をドブに捨てることになります。はじめに免許番号を確認すること、これが必須です。

WEBサイトや店舗などで確認できない場合は行政庁で会社名簿を無料閲覧することも可能です。過去の実績や行政処分歴を参考にすれば、より細かく相手をチェックできるでしょう。

その上で大手の不動産屋を数社、地元の有力な中小の不動産屋を数社に絞り込みます。ホームページでサービス内容や実績をチェックしたり、新聞の折込チラシで比較検討するのも有効な手段です。インターネットの不動産売却一括サイトを活用するのも便利な方法かもしれません。

数社に絞ったら、各社に簡易査定を申し込みます。査定額を見比べれば、さらに絞り込めるからです。

ここで、あまりに時間がかかる会社は除外してください。一週間以上もかかるのは論外。資産の売却はスピードが勝負です。査定ですらすぐに応対できない会社には、パートナーとなる資格はありません

数社に絞ってから顔合わせする際のチェックポイント

2~3社に絞ってから、実際に会って話をして決めます。

ここで重要なのは、査定額の根拠を聞くこと、物件を売却するにあたっての具体的な対応策を聞くことです。

これらに信ぴょう性がなければ、査定額に対して行動が伴わないということになります。また、お互い顔を突き合わせれば人間性も判断できます。ご夫婦で行くなどして個々で判断せず、二人とも信頼できる担当者が選ぶのがベストです。

何もここまでしなくてもと思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、せっかく苦労して手に入れた住まいです。ここで踏ん張らねば、その価値を認めてもらえないことになります。売却するのなら、納得できるプロセスを踏みたいものです。

ネット系の不動産屋には注意が必要

査定を依頼する選択肢に、地元の中小の不動産屋を加えるのも良いと思います。
しかし、インターネットが普及した現在、土地に根差した不動産屋にこだわる意味は、実はあまりありません。

レインズをきちんと使えば、小さな地域に限定せず、条件の良い買手を広く探すこともできるからです。

最近は不動産業界にも、ネット系の会社が出てきています。手数料の定額制や手数料無料などを打ち出していて魅力的ですが、面保証面や営業担当者の質など、わからない部分が多いのは気になるところです。

なかには、問題の多い両手仲介を敢えて行わない姿勢を示すために、片手仲介を専門とする不動産会社もあります。ただ、売手の立場に立ち、買手と接点を持たないようにするあまり、買手の気持ちや住宅ローンの現状がわからないなど、知識や経験値が不足していることも少なくありません。有効な販売戦略が立てられない可能性がある点には、注意が必要でしょう。

不動産屋選びは、担当者選びでもある

不動産屋選びには、担当者選びという側面もあります。自分に合う不動産会社選びとは、一言で言うと「会社×営業担当者」の掛け算なのです。

大手でも、営業担当者によって経験値は全く異なります。どんなに素晴らしい会社でも、実際に営業担当者と接してみて、能力に疑問がる、態度が悪いなど、あなたの評価がゼロだとしたら、掛け算の答えもゼロ

納得できる担当者に代えてもらうなどしない限り、その会社を媒介契約の相手として選んではいけません。営業担当者が優秀であなたとの相性も良好なのに、会社自体が信頼性に欠けるような場合も、総合評価は低くなります。

両手仲介か、片手仲介か、囲い込みをしないか、どんな形で物件情報を告知してくれるのかなど、気になることははじめに確認しておきましょう。「御社は囲い込みなどしないでしょうね?」と念を押すだけでも、相手にプレッシャーをかけることができます。

この売主さんは侮れないと思えば、担当者は緊張感をもって、販売活動に取り組んでくれるでしょう。

不動産担当者を見分けるポイント

簡易査定を終えて、あなたのもとを訪れた営業担当者は、物件を見てあなたの話を聞きながら、自分ならこの物件をどう売っていくか、頭の中でどんどんプランニングがわいてくるはずです。

このように会って話をする中で、なるほどと思う提案があったり、気を付けるべき点を丁寧に説明してくれたり、素直に質問に答えてくれたりと、親身に対応してくれるのがよい営業担当者です。

自分が買主さんを見つけて両手仲介を成立させたいという下心から入る営業担当者は、売主さんに値下げをさせるためのトークに傾きがちです。

良心的には担当者なら、できるだけ高い値段で、少なくともあまり値下げせず、なおかつ確実に売却するために、「まずはこういう準備からはじめましょう」などと提案してくれます

売主さんも営業担当者も同じ人間同士ですから、話をしていてなんとなく相性がいい人を選ぶというのも合理的な判断基準です。

反対に波長が合わない相手とのご縁は、そこで切ってしまってかまいません。これから売却が完了するまで、長い場合は1年以上お付き合いをするかもしれないのですから、担当者との相性は思いのほか重要です。ここで断ったら悪いのではないか、相手が気を悪くするのではないかなどと、気にする気にする必要はまったくありません。

担当者の見た目も非常に重要です。スーツはヨレヨレ、靴はボロボロで、お世辞にも清潔感溢れるとは言えない担当者が、お客様にあなたの物件の説明をしているところを思い浮かべてみてください。

一流のホテルやブランドショップのスタッフは、決してくたびれた格好で二と前に出てきたりはしません。不動産会社の担当者は、それ以上の高額商品を販売するのです。売主さんだけでなく、未来の買主さんからも信頼される身だしなみが、どれほど重要かは想像に難くないと思います。

不動産屋は大手か中小かのまとめ

不動産屋の選び方まとめ
不動産屋の選び方のまとめについて紹介します。
  1. 不動産屋には大手と中小の大きく2パターンが存在し、それぞれにはそれぞれの強みがある。
  2. 実際に不動産屋を選ぶ際には会社規模ではなく、サービス内容や実績、担当者から選ぶことが重要である。
  3. 不動産屋を選ぶ際は事前に絞り込み、複数の会社に会いに行き、最後は担当者が信頼できるかどうかを判断することが重要。
  4. 不動産屋に買取を提案された際、利点はスピード、デメリットとしては価格が3.4割安くなることと理解する。
  5. 複数の不動産屋からオファーがあるときは、よく比較検討することが重要。

できるだけ優秀な担当者についてほしいと思うのは、すべての売主さんの当然の願望です。

しかし“できる営業”ほど抱えている案件が多いため、担当してもらったのはいいけど、なかなかあなたの物件にまで手が回らず、後回しにされてしまうこともあり得ます。

大切なのは、自分と同じ方向を向いてくれる不動産屋、さらには担当者を選ぶことです。「同じ方向を向く」とは、どういうことでしょうか。

売主さんの希望や事情は、一人ひとり様々です。とにかく高く売ってほしいという人、何が何でも指定期日までに売却しなくてはという人、売却に出していることを周囲に知られたくないという人。どんな希望や事情があってもよいのです。不動産を売るのはあなたなのですから。

あなたが不動産取引を通じてかなえたい要望、一番大切にしていること、この不動産取引で成し遂げたいこと、解決したいことを、どうぞ営業担当者に伝えてください。その言葉にきちんと耳を傾け、意向をくみ取ったうえで販売活動に取り組んでくれる担当者こそ、「あなたと同じ方向を向いてくれる」担当者、あなたにふさわしいパートナーです。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート