良い不動産の担当者を見極める4つのポイント

不動産を売却する際には、不動産担当者の仲介は必須です。サービスが良かったり、仲介手数料がなるべくやすかったり、親身になって親切に相談乗ってくれたり、一緒に対策を考えてくれるなど、どの不動産担当者に対応してもらえるかが不動産売却の肝ともいえます。では、どのような不動産担当者であれば「この人に任せられる!」と信用しても良いのでしょうか。不動産売却の際に担当になってもらいたい不動産担当者を見極めるポイントを紹介していきます。

良い不動産担当者を見極める4つのポイント


不動産を購入する場合、ある程度であれば「この物件がいいな」と目星をつけられます。そのため、不動産担当者に頼らずとも物件決めまでは自分たちだけで進められます。

対してマンションなどの不動産を売却をする場合、「この買手に購入してもらおう」と目星がつけられないですし、インターネット上に掲載をすることすら自力では出来ません。そのため、なるべく良い不動産担当者に助けてもらわなくていけません。良い担当者を見極めるポイントは「いわゆる良い人」だけではありません。

この記事では、不動産担当者を見極めるポイントを記載していきます。

不動産の売却の流れも理解しておくことが重要

一般的に不動産を売却する際には、始めに不動産担当者に相談し、査定額を提示してもらい、それに基づいて売出価格を設定するところから始まります。売出価格を決める過程の中で不動産の売却を任せる不動産担当者が決まると、不動産が売れるように営業活動に移っていくという流れになります。

その際、不動産などの売却の相談や査定、営業活動などを担うのが不動産担当者です。つまり、不動産担当者によって、高く売れるか、早く売れるかにかなりの違いが出ると言えるでしょう。

エリアでの売買実績


どの業界でも同じことがいえますが、今担当しているエリアでどれほどの売買実績があるのかは聞いておきたいもの。

マンションなどの不動産は物件によってそれぞれ良いポイント悪いポイントが違います。しかし、周辺環境をどうのように良く魅せるのかはエリアで売買実績のある方であれば多くの経験があるこのにより得意だと思って良いでしょう。

とはいえ、売却を任せたいと考える各不動産担当者の売却の実績があるかどうかは見極めが難しいと思います。

そこを確認する上でも、下記のポイントを確認しておくと、各不動産担当者が担当しているエリアでどれほどの売買実績があるのかが見えてきます。

エリアでの勤続年数を確認する

どんなに売れている不動産担当者だとしても、今の担当エリアに異動になって間もない不動産担当者だとどうしても不安が残ってしまいます。

というのも、「この駅はこんなに便利」、「近所の環境がこんなに良い」など、地域的な話もマンションなどの不動産購入にはつきまといます。どんなに良い物件でも、周辺環境に満足がいかなければ購入はしてもらえません。

逆を言えば、物件に100%満足していなくても、周辺環境の良さを充分にアピールして良さをわかってもらえれば購入に繋がるというわけです。そのため、より詳しい説明をしてもらうためにも、なるべくエリアでの勤続年数の長い不動産担当者であることが理想となります。

さらに、売却実績だけでなく購入実績もある不動産担当者であることが好ましいです。不動産購入希望者がどのように不動産を探すのか、どのような不動産に惹かれる傾向にあるのかを熟知している方の方が、売却活動をする際に「どうしたら購入者目線で良く見えるのか」を考えてくれます。マンションなどの不動産売却をするためには購入希望者に「この不動産いいな」と思ってもらえることが大前提です。そのため、購入希望者の立場に立てる購入実績のある不動産担当者の方が良いでしょう。

不動産担当者に直接聞きにくい部分があるようであれば、不動産担当者のホームページなどから確認することもお勧めです。

不動産の売却を任せる前に、「周辺で動いている・人気のマンションはどれですか?」と話しを聞いてみることをお勧めします。

専門性の必要な知識がある

不動産と一言に言っても、どのような不動産を売却したいのかによって条件が変わります。種別だけでも、マンション・戸建・土地と様々です。

リノベーションされている物件なのであれば、内装は綺麗に見えても、マンションの管理費・修繕積立金は妥当なのかどうかまでを知っているのかどうか。また、一般的なマンションなのかタワーマンション等のような高級マンションなのかどうかでも広告の打ち出し方が違います。

そのため、売却したい不動産が果たしてどのジャンルに含まれ、それぞれどのような売却活動をするべきかを熟知している不動産担当者であることが好ましいです。

不動産担当者に資格の有無を確認する

不動産担当者の専門性を見極めるために、お勧めの方法が資格を確認するという方法です。

不動産担当者からもらう名刺には、必ず持っている資格が書いてあります。もしくは最近ではインターネットが普及しているため、その不動産担当者の個人名+会社名で検索すると、不動産会社のホームページに担当者が掲載されているページがありますので、そこからも確認が可能になります。

まず、「宅地建物取引主任者」は、マンションなどの不動産売買をする不動産担当者が持っているべき資格ですが、担当者の保有率は100%ではないので必ず確認するようにしましょう。

宅地建物取引主任者の資格が必要になる局面は、主に売買契約の重要事項説明のときだけなので、その他の業務は無資格でおこなっても法律的に違反ではありません。ただ、やはり専門性の高さをもとめるなら、宅建士の有資格者に担当してもらいたいというのが売却を任せる時に重要なポイントです。

宅地建物取引主任者の資格の有無とともに、所有している不動産を売却する上での状況にあった資格を有しているかどうかも確認しましょう。

例えば、買い替え・住み替えの場合ですと、住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーの資格を持っている不動産担当者だと、お金やローンの相談もできるので助かります。

他にも、マンション管理士や管理業務主任者、任意売却取扱主任者、ホームインスペクター、ホームステージャー等、マンションを売却する上では様々な資格が有効です。

不動産の売却を任せる不動産担当者の資格を名刺やホームページでチェックしておく。売却したいマンションの状況に合っている資格や専門性があるかを確認する。

提案力がある

マンションなどの不動産を売却することは人生で何度も経験するものではありません。金額も大きいですし、不安も大きいでしょう。

そのため、どれほどの価格で売却できるのが好ましいのか、査定額をどこまで信じても良いのか、いつ売却するのが好ましいのかを提案してくれる不動産担当者であると売却する際も安心ですよね。そのような提案をしてきてくれる不動産担当者か見極めれば良いのでしょうか。

価格の根拠が明確であるかどうか

マンションなどの不動産売却をしようとすると、まず、そのマンションを売却したときにいくらほどで売却できるのかどうか査定をしてもらう必要があります。

インターネットで不動産売却を調べると「なるべく高く査定金額を出してくれる不動産会社で売却した方が良い」と記載してあることが多いです。しかし、査定金額だけで踊らされてしまうのは危険ですので、注意が必要です。

というのも、各不動産担当者は自身の会社を選んで欲しいからという理由で、実際の売却金額よりもはるかに高額な査定額を提示してくる不動産会社は少なくありません

「なぜこの査定金額なのか」をしっかりと根拠を提示しながら説明してくれる不動産担当者であれば、査定金額も安心して信じられますよね。

また、売りたいマンションの良さだけではなく、デメリットについて説明してくれるかどうかも、重要なチェックポイントです。

良い不動産担当者ならば、最初から物件のデメリットについて指摘してくれるため、その部分を考慮した上で売出価格の設定が可能となります。一方、自分の実績(契約だけ)を優先させる担当者は、物件のメリットばかり話して早く媒介契約にこぎつけようとします。

もし、査定の時の説明でデメリットについて触れていない場合には、本当にデメリットがないのかどうかしっかり確認するようにしましょう。

不動産を売却する際は不動産担当者に、査定で出した価格の根拠を確認する。その際、売りたいマンションのメリットだけでなく、デメリットも伝えてくれるかどうかを確認する。

売却の時期・期間が適切かどうか

マンションなどの不動産の売却は早ければ早い方が良いとお考えの方もいるのではないでしょうか。

もちろん、「海外赴任をしなくてはいけない」など売却をしなければならない期限に迫られている場合もあるでしょう。

しかし、不動産を売却すると「譲渡所得」が発生するため税金の支払いが義務付けられています。不動産を所有している期間が5年未満なのか5年超なのかで納めなくてはいけない税金の税率が大幅に変動します。

そのため、「所有期間がどれくらいなのか」をしっかりとヒアリングし、5年未満なのであれば5年超でなくても良いのかの確認をしてくれる不動産担当者であれば良心的な方だと思って良いでしょう。

また、新年度は人の動きが激しくなるため不動産売買活動も活発になります。購入希望者の少ない時期に売り出さず、購入希望者の多い時期に売り出した方が売却活動費も抑えられます。時期に関しても市場をみて提案をしてくれる不動産担当者かどうかを見極めましょう。

売りたい不動産をいつ手放すべきかどうかを、売主の立場に立ってくれる担当者かどうかを確認することが重要である。

大前提ではありますが、レスポンスが早い・礼儀正しいかどうかといった、姿勢部分も確認することが重要です。売主にそのような態度をとるということは、確実に買主に対しても同じような行動を取っているはずです。

どんな業界でも同じことがいえますが、なるべくレスポンスが早かったり、誠実な対応をしてくれたり、悪い報告でもすぐに伝えてくれる不動産担当者であると安心感がありますよね。

レスポンスが遅い場合、購入希望者が別の物件の購入を決めてしまうこともあります。また、初めての経験で大きな不安が伴うでしょうから、なるべく早いレスポンスをもらえるだけでも不安を感じている時間が短くなり安心して売却活動を進めらるといえるでしょう。

買主のイメージを伝えてくれる


マンションなどの不動産売却を円滑に進めるために、売却活動は避けては通れない道です。売却活動をするとき、漠然と「売り出し中」としてしまっても、なかなか購入希望者には見てもらいづらいです。

そこで、「どんな方なら購入してくれるだろうか」とターゲットを絞って売却活動を進めることでスムーズに活動ができます

自分たちで「こんな人なら買ってくれそう」と話し合っていても、市場に詳しいわけでも、購入してもらった経験があるわけでもありません。そこで、購入実績の多い不動産担当者になってもらうことができれば、どのような方をターゲットにするのが良いのか、決めてもらえます。

売出価格を設定するときの買主のイメージを聞く

不動産の売却を相談したときや売出価格を設定するときに、買主のイメージを言ってくれる、理解しているかどうかもポイントです。

優秀な不動産担当者なら、これまでたくさんの物件を売っているため、物件の間取りや特徴などから、購入者層を把握・イメージすることできます。そして、買ってくれそうな層の人をメインのターゲットに想定して営業活動をしてくれるでしょう。

例えば、間取りを例にとっても、ワンルームの物件をとっても、3LDKの物件でも、ターゲット層は異なってきますし、築年数を見ても、リノベーションを検討している人なのか、そうでないかも異なってきます。

また、販売実績があるマンションであれば、これまでの購入者が実際にどんな人が多かったのかも教えてくれます。

不動産を売却する際には、不動産担当者の方から買い手のイメージを提案してくれない場合には、こちらから「どんな人が買うと思いますか?」と質問してみる。

不動産担当者見極め方まとめ

  1. 不動産を売却する際に、任せる不動産担当者が良い不動産担当者かどうかを見極める
  2. 不動産担当者を見極めるポイントは「エリア実績」「専門性・必要な知識を身に付けている」・「提案力がある」・「買主のイメージを伝えてくれる」の4点を特に確認すること

マンションなどの不動産売却において、どの不動産担当者を選ぶのか、どんな不動産担当者に依頼するかは重要なポイントです。「良い人そう」だけで不動産担当者を決めてしまうと必要な知識が足りていなくて売却活動に手こずるなんてことになりかねません。

ご自身で不動産担当者を選ぶことはなかなか勇気のいることではありますが、より良い条件で不動産売却をするためにも、不動産担当者はしっかりと見極めるようにしましょう。

もちろん、人と人ではありますので、フランクに話せるかどうかや、人柄が合うかどうかも重要なポイントにはなってくるでしょう。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート