オープンルームとは?オープンルームはマンション売却に有利?

マンションの売却時、チラシやインターネットでの宣伝だけでなく、実際にマンションに案内して自由に中を見学してもらうのがオープンルームです。ここでは、オープンルームをする際に気をつけるべき点を中心に解説していきます。

オープンルームとは?

マンション売却にあたって、チラシやインターネットで広告、宣伝をして、お問い合わせのあった方をそのつど案内するやり方以外に、週末などにマンションを開放して自由に中を見学できるようにするオープンルームがあります。(中古戸建の場合はオープンハウスとよぶことも)

オープンルームとは、中古マンションや戸建などの物件を、特定の日に開放し、一般のお客様に自由に中を見学してもらうことのことを言います。

不動産仲介会社会社などが実施する中古マンションや戸建の販売・集客方法のひとつです。

オープンルームは、実際にマンションなどを売却したい売主の許可を不動産会社が得たうえで、数日前からその物件の地域の周辺にチラシなどを配布して日時を告知し、当日は物件の入り口に立て看板などが出される販売手法です。

オープンルームのメリット・デメリット

ここからは実際にマンションを売却するにあたっての、オープンルームのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

マンションの場合、新しい買主となりそうな人にどれだけ自分の売りたいマンションの情報を届けることができるかが重要となります

そのため、オープンルームは自分の売りたいマンションの近くの人に、気軽に内覧に行ける機会を提供することができるため、売れやすくなるというメリットがあります。

特に、最近では同じマンション内での買い替えを検討しているお客様や、実家が離れ居ているご夫婦が、ご両親のために今住んでいるマンションをプレゼントするというケースも散見されます。

近くに住んでいる人に、今売っている物件があると知らせる良い機会となるでしょう。

また、買主にとってのオープンルームは、家の中をチェックしやすいというメリットがあります。

デメリット

売主にとっては集客を見込めるメリットがある一方、居住中の物件の場合、不特定多数の人に家を開放することになるため、不安に感じる人もいるようです。

また、当日にフラッと立ち寄って興味本位で来るようなお客様も来ることが予想されるため、対応に追われてしまったり、周辺の人にマンションを売り出していることが知られることがデメリットになるケースもあります。

買主としてのデメリットは多くありませんが、同じタイミングで複数のお客様が内覧をしていると、ゆっくり見ることができないという点はデメリットと言えるかもしれません。

オープンルームで大事なポイントは、普通の内覧と大きくは変わりません

内覧について、詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

ここからは、オープンルームの解説にあたって、まずは買い手側からみて印象の良くなかったオープンルームの事例をご紹介します。

印象の良くないオープンルームの事例

前述した通り、マンションを売却する上で、オープンルームを利用する場合に気を付けたいポイントは、普通の内覧をする場合と大きく大差はありません。

ここでは、実際にオープンルームを活用して、良くなかった事例をご紹介していきます。

失敗例①:家具や小物など生活観を感じすぎてしまう

見学したマンションがあまりにも汚くて買う気をなくしてしまったというもの。現在入居中のマンションを売って、新たにマンションや住宅の購入を検討している方は気を付けたほうが良さそうです。

せっかく間取りや価格、立地を気に入ってマンションまで足を運んでくれたお客様ですから、気に入っていただけるようにきれいにしておきましょう。お風呂やトイレ、収納の中なども見られると思っておきましょう。

失敗例②:家主さんに見られていると買う気がなくなってしまう

これは人によるかもしれませんが、オープンルームにいったら仲介業者以外に、売主である家主さんもいて買う気がなくなってしまった、というケースです。

買い手側はまずはおうちをじっくりと見たいもの。上の失敗例ともかぶりますが、住んでいる人の生活観などはなるべく感じたくないものです。

オープンルームの開催を決めたら、前日までに準備を整えておいて、当日は仲介業者に任せるのが良いかもしれません。

とにかく、オープンルームをするときは、不動産会社をミカタにつけることが重要です。

オープンルームを不動産会社から提案された場合は、その根拠をしっかりと確認するようにしましょう。

オープンルーム開催時の注意点

前述した通り、オープンルームにはメリットとデメリットがあります。

メリットは、チラシをみて不動産業者に電話して案内日を決めるという作業を短縮できるため、気軽にマンションを見学してもらえるという点です。

デメリットはその逆で、ご近所の方などあまり買う気のない見学者が集まってしまいやすいということです。

ここからは実際に、オープンルームを開催した方が良いのかどうか、オープンルームの注意点をご紹介します。

開催時期とタイミング

オープンルームは基本的にはお客様の集まりやすい週末や祝日に開催しましょう。

平日に開催しても人は集まりません。

また、オープンルームは売却を検討しはじめたらできるだけ早いタイミングで開催したほうが良いです。

一般的なインターネットやチラシによる集客より効率がよいですし、オープンルームを開催してみて、お客様の反応を元に対策を練ることも可能です。

例えば、オープンルームに人が集まらないのであれば、価格が高すぎるのかもしれません。見学者は多いのに全然決まらない場合はマンションの見せ方が良くないのかもしれません。

マンション売却は長期化してしまいがちです。そして、買える人が出てくるまで粘り強く待ち続けるのも大事です。

購入希望者が現れたのに見せかたを失敗して売却できなかった、という事態にならないようにしっかりと準備をしておきましょう。

オープンルームのまとめ

  1. オープンルームとは、中古マンションや戸建などの物件を、特定の日に開放し、一般のお客様に自由に中を見学してもらうことのこと。
  2. 不動産仲介会社会社などが実施する中古マンションや戸建の販売・集客方法のひとつである。
  3. オープンルームのメリットとしては、チラシをみて不動産業者に電話して案内日を決めるという作業を短縮できるため、気軽にマンションを見学してもらえるという点。
  4. デメリットはその逆で、ご近所の方などあまり買う気のない見学者が集まってしまいやすいということ。
  5. オープンルームを行う際の注意点は、普通の内覧をする際と大きくは変わらない。
  6. オープンルームの失敗談を理解し、開催時期とタイミングを見極めることが重要。
  7. とにもかくにも、信頼できる不動産会社から販売活動の根拠を確認することが重要。

いかがでしょうか。

オープンルームも、マンションを高く・早く売却するための販売手法です。

しかし、オープンルームのメリットやデメリット、失敗談を理解しないと開催時期とタイミングを見失い、「こんなはずではなかった」と後悔することにもなりかねません。

また、本文中でお話した通り、普通の内覧と注意するポイントは大きく変わりませんので、内覧のポイントをしっかりと押さえるようにしましょう。

とにもかくにも、信頼で切る不動産会社を見つけることが重要です。

下記のお問い合わせフォームより、各地域で、マンションの売却に強い不動産会社を見つけることができるマンションナビを使って、無料で一括査定ができますので、ぜひ試してみてください。

実際にマンションを売ったらいくらになるのか調べてみよう!

無料診断スタート